ラバーカップはどこに売ってる?無印やヨドバシで買える?値段や販売店を調査!

トイレやキッチンの排水が詰まった時に使うあの道具「ラバーカップ」

英語ではプランジャー(plunger)、他にもさまざまな呼び名があるようです。

  • 吸引カップ、通水(つうすい)カップ
  • スッポン、ガッポン、パッコン

急にトイレが詰まった!流れない!

そんな時のために、ラバーカップがどこで購入できるのか、調べてみました。

日替わり最新セール情報!

Amazon【日替わり】タイムセール!

人気の商品が日替わりで毎日お得!

掘り出し物もチェック!

→Amazonタイムセールをチェック

24時間限定最新セール情報!

楽天市場【24時間限定】タイムセール実施中!

毎日10時に商品更新!

10時から【24時間限定】でタイムセールを開催中

→楽天市場【24時間限定】タイムセールをチェック

目次

ラバーカップはどこで買える?売り場はどのコーナー?

ドンキなどのディスカウントショップは?

ドンキ・ホーテなどのディスカウントショップでもラバーカップを販売しています!

筆者の近くのドン・キホーテでは、999円で販売されていました。

種類は洋式用のラバーカップ一種類しかありませんでした。

和式の場合は要注意です!

ホームセンター・ドラッグストアなどは?

店舗でラバーカップを購入できるのは、下記のような家庭用品や清掃用品を扱っているお店です。

  • ホームセンター(コーナン・カインズ・コメリなど)
  • 大型のドラッグストア(マツキヨ・ウェルネス・サンドラッグなど)
  • 大型スーパー(イオン・ヨーカドーなど)

などで販売されています。

主に掃除コーナーやトイレ用品コーナーなどの売り場で販売されています!

トイレが詰まった!など、緊急性の高い時は上記のような形態のお近くから、取り扱いがあるか電話で確認してみてもいいかもしれません。

また、筆者は家のトイレが詰まった際に業者を呼びましたが、プロでも初手の手段はラバーカップを持参されてましたので、まずはラバーカップを試すことをお勧めします!

ヨドバシなど家電量販店には取扱いある?

家電量販店でも日用品や生活用品を取り扱っているところも多いですが、在庫していない店舗も多いようです。

オンラインショップでも購入できます。

  • ヨドバシ.com
  • ヤマダウェブコム
  • ビッグカメラ.com

などで販売されています。

主にホーム・キッチン用品や生活雑貨などの掃除用品コーナー・またはトイレ用品コーナーなどの売り場販売されています。

頻繁に在庫が動く商品ではないため、在庫切れの際は代替品の種類が無かったりサイズなどのバリエーションもないため、急ぎでない場合はネットショップなどでの購入をおすすめします。

急ぎの場合は、電話で問い合わせてから来店すると間違いないですね!

ラバーカップは無印良品など生活用品店では売ってる?

ニトリや無印良品などの生活用品やインテリア雑貨を扱うお店では、どうでしょうか。

  • 無印良品 ・・・ 取扱いがありませんでした。
  • ニトリ  ・・・ 保管しやすいケース付きのものを販売していました。

ありそうですが、無印にも無いんですね!

ニトリのケース付きラバーカップは、楽天のニトリ公式店舗でも販売されています!

\ポイント最大10%アップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

ラバーカップは100均で買える?

また、100円均一でも売っている店舗がありますが、とても”こぶり”なので、キッチンや洗面所向きかもしれません。

トイレの詰まりには、やはりきちんとしたサイズを用意しないといけませんね。

ラバーカップは緊急時に使う機会が多いので、非常具として事前に用意しておくのがおすすめです。

また、安かろう高かろうという言葉もある通り、安いラバーカップで試したけど上手く解消できず、結局高額で業者を呼んでしまうということもあります。

ある程度しっかりした値段のものを選んだほうが結局解決も費やす早いです。

ラバーカップの値段は?相場はどのくらい?

ラバーカップの値段の相場

家庭用品や清掃用品のお店で売っているラバーカップ、果たしてお値段はどれくらいなのでしょうか。

・一般的なもの(トイレ用ラバーカップ単体)

400円~2,000円程度

・カバー付き、収納付きのもの

1,000円~6,000円程度

業者に依頼する場合の値段相場

ちなみに、トイレの詰まりで業者さんに依頼した時の値段も気になりますよね。

業者に依頼した時の値段の相場:5,000円~50,000円

先にご案内の通り、業者もまずはラバーかップでスッポン作業を行います。

その作業がおおよそ5,000円です。

さらに専用の器具を使用すると7,000円以上、それでも解決しない場合はトイレなどの設備を一度外すため、10,000円~となります。

基本料金に部品代、出張費などが上乗せして、高くなってしまうこともあります。

また、業者を呼ぶ場合は、ネットで安易に調べず、公共の認定業者にお願いしましょう。

市区町村などによって認定している業者があることをご存知ですか?

市区町村などのHPや、配布されているパンフレットなどに認定の業者の連絡先が掲載されています。

最近、鍵やトイレなどの緊急時対応のぼったくり業者が急増しています。

筆者は自宅と祖父宅と2度ネットから業者を呼びましたが、2回ともぼったくり業者でした(反省)

自宅は60,000円、祖父宅は古屋なのをいいことに20万円近い請求をされました。

それでも治らず、市区町村の公認業者に依頼したところ・・・なんと5,000円~30,000円前後でした!

まずは、ラバーカップで自身で試してみて、ダメなら公共の認定業者があるか調べてみることをお勧めします。

ラバーカップはネットで買うのがおすすめ!

「今すぐに必要!」という訳でなければ、ネットで購入するのがおすすめです。

そもそもラバーカップで詰まりを解消するには、カップに真空状態を作る必要があります。

排水溝にカップがしっかり被らないと、空気が入って真空状態にならないのです。

トイレの洋式用は、傾斜した面の排水溝にも密着するように、カップの先端に出っ張りがついています。

先ほど紹介した家電量販店やホームセンターのオンラインショップ、Amazonや楽天などでも購入できます。

ひとつのメーカーでも「S・M・L」「洋式用・和式用」など販売していて、サイズ別や用途別にわかれていたりします。

また、真空式(真空による吸引力で力がいらないもの)など、便利なものもあるようです。

下に「よくある質問」の記事を載せましたが、ラバーカップの使い方にもコツがあり、使用場所や状況に合ったものを選んだ方が良いです。

目的に合うものを購入して、保管しておくのも良いと思います。

カバー付きや収納付きなら、保管に便利で衛生的かもしれませんね。

詳しいラバーカップの形式ごとの選び方と使い方はこちらをチェック!

ラバーカップのおすすめ商品

筆者が購入したのは、下記のすっポンプです。

古めのマンションで排水管が小さめかつ長い為、一般的なラバーカップで解消されずに、こちらで試したところ解決しました!

トイレだけでなくお風呂や洗面所、キッチンにも使用できます。

強力な空気圧で、自転車の空気入れの要領でスッポンできます。

また、一般的なサイズでカバー付きのこのタイプもとても便利です。

ラバーカップの黒い部分のゴムは、そのまま直置きするとゴムの成分が染み込んでしまい、床が黒ずむ危険性があります。

一度黒ずむと、完全に除去することは難しいです。

なので、衛星面だけでなく保管の安全性も兼ねて、カバー付きのラバーカップをお勧めします。

ラバーカップについて知恵袋などによくある質問

トイレが詰まって、ラバーカップや重曹と酢を試しましたが、まだ詰まっています。

ラバーカップがダメなら、重曹と酢は効果ありません。
ラバーカップは真空にして力強く引き、根気強くやるのが効果的です。

トイレが詰まったので、ラバーカップで何度もスッポンスッポンやっていますが、改善されません。

水を溜めて、空気が抜けないように粘っこく。中身を吸いだすような要領でやるのが大切です。

トイレ詰まり用のラバーカップ、皆さんは使った後に洗って閉まっておきますか?

一度使用したら捨ててしまいます。また次に詰まった時のために新しいのを買って保管しています。

トイレの床にラバーカップを立てておいたら、ゴムの黒い跡が残ってしまいました。

ゴムの成分が染み込んでしまうので、メラミンスポンジで少し薄くなるかもしれませんが、除去は不可能です。保管しておく場合は、ケース付きのものをおすすめします。

まとめ

今回は「ラバーカップどこで買える?」について、まとめてみました。

■実際の店舗では、ホームセンターや大型スーパーなど清掃用品、家庭用品を扱っているお店で購入できます。

■ラバーカップは使用する場所や用途によって、大きさや形状に違いがあります。

■オンラインの店舗では、家電量販店やホームセンターなど、在庫を確認して、目的に合ったラバーカップを選ぶことができます。

水回りのトラブルは、すぐに対処が必要なことが多いです。

「水が流れない!」「溢れちゃう!」「深夜でお店が開いてない!」など、突然の事態に備えて常備しておくのがよいと思います。

購入できるお店や相場など、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次