~「秋冬ファッションについての意識調査」結果を発表!~5人に1人は秋冬ものを「8月までに」購入、6割が合計予算「3万円未満」、注目は「羽織系アウター」「トレンチコート」「ミモレ丈スカート」

BWRITEでは、「秋冬ファッションについての意識調査」を実施した。対象者は、マーケティング特化型クラウドソーシング「Skets(スケッツ)」会員の20代以上の女性210名。実施時期は、今年7月末から8月初め。
■秋冬ものを“最初に”購入する時期は「9月」がTOP 21.5%が8月までに購入
この秋に向けて「秋冬用のファッションアイテム」を “最初に”購入する予定の時期を聞いた。最も多かったのは「9月」で37.6%。次いで、「10月」28.6%、「8月」16.7%となった。「7月までに購入済」は4.8%で、「8月」と合わせ、約5人に1人(21.5%)が夏のうちに秋冬物を最初に購入する予定であることがわかった。

BWRITE-Skets-survey-autumn-winter-fashion-Q2

■購入予定アイテム 1位「ワンピース」、2位「ニット」、3位「ブーツ」
購入予定のある方に、今年購入予定の「秋冬用のファッションアイテム」を答えてもらった。1位は「ワンピース」の37.5%、2位が「ニット」で36.5%、3位が「ブーツ」で34.0%、次いで「カーディガン」33.0%、「スカート」29.5%となった。 

BWRITE-Skets-survey-autumn-winter-fashion-Q3

■具体的な購入予定アイテム キーワードのTOPは「茶色系」「ブラック」
前問で回答した今年購入予定の「秋冬用のファッションアイテム」を自由回答で具体的に答えてもらった。抽出したキーワードの集計結果では、「茶色系」、「ブラック」がほぼ同数でTOPに。アイテムでは「トレンチコート」「スニーカー」「ミモレ丈スカート」「黒ブーツ」の人気が高い」。柄では「チェック柄」が上位にラインクインした。  

BWRITE-Skets-survey-autumn-winter-fashion-Q4

■合計購入予算「3万円未満」が6割 金額には大きなばらつきが
購入予定のある方に、今年の「秋冬用のファッションアイテム」の合計購入予算を聞いたところ、回答者の6割(60.0%)が予算「3万円未満」を予定していた。購入予算には大きなばらつきが見られ、「1万円未満」 が24.5%である一方、「5万円以上」も17.0%であった。

BWRITE-Skets-survey-autumn-winter-fashion-Q5

■注目トレンドは「羽織り系アウター」「トレンチコート」「ミモレ丈スカート」
今季の秋冬ファッションの注目トレンドを聞いたところ、最も多かったのは「ケープなどの羽織り系アウター」(23.3%)、次いで「トレンチコート」(21.4%)、「ミモレ丈スカート」(18.1%)となった。

BWRITE-Skets-survey-autumn-winter-fashion-Q6

■ファッション情報入手経路 「トレンド」情報は「雑誌」「ショップ店頭」「テレビ」で
今回、同時にファッション情報の入手経路についても回答を得た。「トレンド」情報の入手先では、2位以下を大きく引き離して「雑誌」(68.6%)がTOPに。次いで、「ショップ店頭」(48.6%)、「テレビ」(38.1%)となった。以下、「ショッピングサイト」(33.3%)、「個人ブログ」(25.2%)、「公式ブログ」(21.4%)と続く。

BWRITE-Skets-survey-autumn-winter-fashion-Q7

■「コーディネート」は「雑誌」がTOP 「一般の人」が「ブログ」を上回る
「コーディネート、スタイリング」の参考にしている情報TOP3は、順位も含めて「トレンド」情報入手先と同じだった。2位以下をさらに大きく引き離して「雑誌」(67.1%)が1位。2位「ショップ店頭」(42.9%)、3位「テレビ」(31.0%)。4位には「一般の人(街中での通りすがりなど)」(27.6%)がランクイン。コーディネートの参考にする情報として、「ショッピングサイト」や「個人/公式ブログ」よりも重要視されていることがわかった

BWRITE-Skets-survey-autumn-winter-fashion-Q8

■「購入アイテム」情報は「ショップ店頭」がTOP 実際に見て情報収集
「具体的な購入アイテム」を決める情報のTOPは、「ショップ店頭」で57.6%。実際にショップで商品を見て購入商品を決めていることが多いようだ。次いで多いのは「雑誌」の46.2%、3位は「ショッピングサイト」(24.8%)だった。

BWRITE-Skets-survey-autumn-winter-fashion-Q9

まだまだ暑さが続く8月だが、本格的な秋冬シーズン商戦がすでに始まっている。各雑誌では秋冬トレンドの特集が掲載され、ショップやブランドでは先行予約アイテムの受注も開始。実際、今回の調査結果でも、女性の5人に1人が8月までに最初の秋冬もののファッションアイテムを購入予定と回答している。

今回の調査では、ファッション情報の入手においては、ネット時代の現在においても、雑誌からの情報入手が依然主流であることが明らかになった。ただし、女性達の多くは複数メディアからの情報を複合的に参考にしており、重視する入手経路は「トレンド」「アイテム」など、情報の種類によって異なる。

特に「コーディネート」では、街ですれ違う「一般の人」のスタイルが「ブログ」「ショピングサイト」などのネットメディアよりも重要視されていることが特徴的だった。ブランドやショップには、より一層リアルで取り入れやすいコーディネートを、ジャストなタイミングで提案していくことが今後より一層求められていくのではないだろうか。

———————————————————————————————
【 調査実施期間 】
  2014年7月31日(木)~8月1日(金) ‹2日間›
【調査対象・人数】
 「Skets」会員の20代以上の女性 210名(有効回答)
【調査方法】
 WEBアンケート方式(計10問)
———————————————————————————————

RECOMMEND