テクノロジーの進化で、新たな領域へ~グーグルグラス×ファッションの展開~

リアルタイムでインターネットの無限の世界と繋がれ、ARの技術を持っているGoogle Glass(グーグルグラス)。現実にデジタル世界を持ち込んだ画期的なテクノロジーが、具体的に影響するのをファッションと広告で考えてみると、消費する方法が変わるといわれている。

●ファッションの世界へ登場
グーグルグラスをかけ、ショッピングしながら、商品の詳細、評価、価格比較が自動的に出てくるという新たなショッピングの仕方が出てくるとどうだろう?SF映画のような世界がたちまち誕生する。

現在、グーグルが目新しい体験を楽しめるアプリを展開したが、ショッピングに関しての公開されたアプリはまだ少数。

Fancy」は毎日更新される色んなアイテムを発見し、友人と共有したり、コレクションを作ったり、購入することもできるソーシャルコマースサービスだ。

グーグルグラス上での「Fancyアプリ」が開発された。ウェブサイトと同じ機能を使える上、周りにあるものを見ることだけで、購入できるという従来のないデバイスだ。さらに、気に入るものの写真を撮ったら、Fancyは自動的に合うものを提案する。

ファッション誌「ELLE」は、雑誌の記事を読むのはもちろんのこと、星占いを朗読してもらえたり、ユーザーが写真やショッピングリストを共有できたりするアプリを開発。

開発中のアプリが多いが、世界の開発者が個人的に、プロトタイプを作り、すでに紹介するビデオやブログが増えている。

GLASHION(グラッション)」は、グラスとファッションという単語をミックスしたアプリの名称だ。GLASHIONは、グーグルグラスで通行人の服の写真を撮れば、ブランド、商品価格、素材などを調べて、購入できるお店と最高額と最低額の価格を表示し、合う服を提案する。

さらに、「パーソナル・ショッパー」と言って、自分の代わりに、買い物に行ってくれる人に対して、グーグルグラスをかけさせて、気に入っている服やアクセサリーなどを買うことができる初期のアプリもあるようだ。

●「WEARABLE TECHNOLOGY」身につけることが可能なテクノロジーの時代
Samsungが発売した「Gear」のスマホに繋がっている時計や、Bluetooth(ブルートゥース)を備えた手袋「Hi-fun Gloves」、KickstarterでスタートしたOmate TrueSmartのスマート・ワッチも発売され、注目を浴びている。

目で見ていることを迅速に、手早く共有や購入するというコンセプトに中心しているアプリが多い。しかし、それはグーグルグラスの潜在力の氷山の一角に違いない。可能性はほとんど無限だと考えられる。グーグルグラスの潜在を活かす企業が、今後増えていくことを期待したい。

text/Suzanne.D

RECOMMEND