アムステルダム発 注目のファッションブランド「Rika」

ユニークなファッションアイテムをリリースし、業界の注目を浴びているデザイナーズブランド「Rika(リカ)」。オランダの首都アムステルダムを拠点とし、独自のユニークなコンセプトを以てリリースされる斬新なデザインは、ヨーロッパを中心に人気上昇中だ。

Rikaのデザイナーは、Ulrika Lundgren(ウルリカ・ラングレン)。VOGUEやELLEでスタイリストとして活躍した後、2005年に自身のブランドを設立した。彼女自身の名前を冠したブランドRikaだが、展開するファッションは多岐にわたり、アクセサリー分野で、ELLEのベストアクセサリー大賞を受賞する栄誉に輝いた。

優れたデザインをリリースする際、その方法に凝っているのも、Rikaらしい展開とされている。例えば、3年前から、米ニューヨーク在のアートディレクター、Jacob Wildschiodtz(ヤコブ・ウィルドシュー)とのタイアップによる独自のデジタルファッション誌「Rika Magazine(リカ・マガジン)」を発行。彼女自身のファッションに哲学に則った作品を次々にリリースしている。

▼Rika ショップウィンドウ
BWRITE-Rika-shop
(画像提供)http://rikaint.blogspot.nl/2011_09_01_archive.html

Rikaのウェブサイトは、アート感覚に溢れているだけではなく、まるでブティック内にいるような雰囲気をビジターに与えるとして評判になっている。メインページ下半分に掲載されている画像にマウスを乗せると、Rikaいちおしアイテムのコンセプトが文章で現れる。TOPページからも細かい配慮がある他、コレクションの写真などには、写真だけでなく、アートの楽しさも見れるため、Rikaブランドらしさをビジュアルで伝えている。LOOKBOOKでは季節によるコーディネートを提案している。(現在はss2014)JOURNALでは、最新リリースアイテムが使用された関連記事や、コーディネートアイテムの紹介などが閲覧できる。

もちろん、E-BOUTIQUEからは、ショッピングも可能だ。SHOPPING BAGをマウスオンすると、現在カートに入っているアイテム数や金額などがすぐにわかり、購入やキャンセルも簡単なことからユーザー評価も高いという。

更に、Rikaのおもしろい特徴のひとつで、ファッションブランドとして新しい、単なるショップではない、プチホテル「Maison Rika(メゾン・リカ)」を経営している。週末など利用して宿泊できるため、Rikaファッションを手にとって眺めながらじっくり吟味するチャンスを与えてくれる施設だ。

▼「Maison Rika(メゾン・リカ)」の室内
BWRITE-Rika-Maison_Rika
(画像提供)http://www.marieclaire.nl/2012/03/14/weekendje-weg-maison-Rika/

芯が強く、アイデンティティを持つ女性像をメインアイコンとしたファッションをクリエイトする「Rika」。レザーや、フェイクファーを用いて表現するハードなデザインの一面と、女性らしさが見え隠れするソフトな素材が、見事にミックスされ、絶妙のコンビネーションを醸し出しているファッションといえよう。今後の展望としては、ウェブサイトの更なる充実が見込まれているという。ビジターが、実際のマテリアルを目で見ただけでも “肌で実際に感じ取れるようなサイト”を開発するのが、目標ということで、デジタル面でもどのようなアイディアが見られるのか、楽しみである。日本では、昨年10月に伊勢丹新宿店にて期間限定ショップをオープンするなど、注目したいファッションブランドのひとつだ。

RECOMMEND