ユーザーレビューが販売力強化につながる、ビューティブログサイト

ELLEといえば、ファッション・メイクのみならず、最新トレンドを意識した、衣食住・ライフスタイル全般を紹介するメジャー媒体のひとつである。こうしたトレンド情報が満載されたELLEサイト(オランダ)は特に人気があり、女性たちにとってはビューティバイブル的存在だ。

サイトの充実感から、ユーザーによっては、欲しい情報、最新情報を即得たいという意見もあり、そのようなユーザーの声を元にして作られたのが、Musings of a Museである。

イメージは個人ブログスタイルだが、実はELLE委託社員が、ブログ形式でビューティの新製品を紹介するスタンスを取るサイトである。メインページ右下には、ビューティ系ブランドをカテゴリ別に検索でき、非常に使いやすい。

カテゴリは、以下の4つ。このどれかをセレクトし、ブランド名をクリックすれば、過去の関連記事や情報が網羅されているので、目当てのブランドの情報が即ゲットできる。

◆Drugstore Makeup Brands(ドラッグストアで購入できるブランド)
◆Mid-Range Makeup Brands(プチプラブランドを含む、新進気鋭ブランド)
◆High-End Makeup Brands(メジャーブランド)
◆Seasonal Makeup Collections(各ブランドのキャンペーン)

検索機能の下には、各アイテムに関するレビュー検索機能もあり、いざ購入するときの参考にできる。なぜ、このようなサイトが今、必要とされているのだろうか。

ヨーロッパの消費者(特に女性)は、新製品がリリース後すぐに購入するよりも、まずはよく検討し、他の消費者たちや、メイクのエキスパートによる商品レビューを参考にしながら、慎重に選んで購入するのが一般的だ。店頭に出向いたりして、希望該当商品をトライすることは、あまり行なわないのが一般消費者の傾向である。新製品情報をキャッチすると、購入から支払いまで、すべてをネット上で済ませるため、商品レビューがまとめて閲覧できるプラットフォームとしてのサイトが重宝がられるわけは、ここにある。

ブログ形式のサイト運営において、内容の充実度は必至である。商品紹介であっても、単なる説明に終わらず、使用感などが細かく記されていると、その商品を購入するか否かで迷っている消費者の興味を一層ひきつけることになる。また商品の良い面ばかりを述べ立てる一般広告と違い、デメリット面までもが率直に記されていることもあるため、消費者は記事の信憑性に迷うことがなく、逆に購買意欲をかきたてられ、売り上げに結びつくこともあるという。

ブログ形式のサイトを、経営・委託契約する大手ファッション・コスメ企業が、年々増え続けている。広告よりも、他の消費者の意見のほうがモノを言う、といったところだが、充実した内容をほぼ日替わりで提供するこうしたサイトは、販売力強化のためのツールとして、今後も消費者からの支持を受け続けていくに違いない。

RECOMMEND