LINE公式アカウントの課金対策に有効なセグメント配信とは? ~機能説明と出来ること、アンケート、誕生日、居住地などの活用事例~

LINE@との統合により2019年4月に誕生した、新LINE公式アカウント。以前の料金プランとの大きな違いは、メッセージ配信数によって料金が変動する「従量課金」方式への変更です。

新料金プランのもとでのアカウント運用では、メッセージの配信対象を絞り込む「セグメント配信」の活用が必須です。LINE公式アカウントでの「セグメント配信」について、出来ることや機能、効果的な活用事例をお届けします。

【目次】
1.LINE公式アカウントは従量課金に!
2.従量課金対策として有効な「セグメント配信」とは?
3.セグメント配信に活用するデータ
  1)LINE保有データを活用
  2)アンケートデータを活用
  3)自社の会員情報を活用
4.セグメント配信の効果的な活用事例
  事例(1)会員情報×アンケートデータを活用した配信で、顧客ロイヤリティ向上
  事例(2)エリア・誕生日を活用した配信で、メルマガの3倍の反応率を獲得
  事例(3)アンケートデータ活用による、ニーズに合った物件提案で関係構築
5.まとめ

1.LINE公式アカウントは従量課金に!

LINE公式アカウントの料金プランは、「フリープラン」「ライトプラン」「スタンダードプラン」の3つです。各プランごとに無料で配信できるメッセージの通数が決められてており、既定の通数を超えると従量課金で追加料金がかかる仕組みとなっています。

【LINE公式アカウント:料金プラン(月額)】

LINE公式アカウントの料金プラン:画像

(※月額料金。※LINE for Business:https://www.linebiz.com/lp/line-official-account/plan/を元に、ADDIXが画像を作成。)

従量課金では、配信通数が多ければ多いほど配信コストも増えていきます。そこで課金対策として、配信メッセージの通数を抑えつつ効果の高い配信を行うことができるセグメント配信が有効なのです。

【月額費用例:スタンダードプランで「1,000通」追加配信する場合】

【月額費用例:スタンダードプランで「100,000通」追加配信する場合】

なお、フリープランでは1カ月当たりの無料メッセージ通数である1,000通までに制限されており、追加配信はできません。

2.従量課金対策として有効な「セグメント配信」とは?

LINE公式アカウントのセグメント配信(絞り込み配信)とは、ある特定の条件で絞り込んで友だちの一部に対してメッセージ配信を行うことです。

全員にメッセージを配信する「一斉配信」よりも配信数を少なく抑えられるため、従量課金となった新料金プランで費用対効果を高めるには有効な手法です。

また対象を絞った配信では、よりパーソナライズされたメッセージが配信できる点もメリットです。ユーザーの興味関心に合ったメッセージを届けやすいため、ブロック率の低下やエンゲージメント向上にもつながります。

セグメント配信は、企業や店舗にとってだけではなく、そのアカウントと友だちになっているユーザーにとっても望ましい配信手法といえるでしょう。

3.セグメント配信に活用するデータ

セグメント配信を行うためには、配信対象となる友だちを何らかの情報にもとづいて絞り込む必要があります。絞り込みには、主として次の3つのデータが使われます。

1)LINE保有データを活用

LINEでは、ユーザーアカウント取得時に性別や年齢、居住地などの簡単な属性情報をアンケートによって取得しています。それらのLINEが保有する属性情報を、絞り込みの条件として使うことができます。

ただし、LINEの持つ属性情報はアカウント取得時点での情報であったりと今の状態とは異なっている場合もあり、データの精度の点では自社の会員情報などを利用することが望ましいでしょう。

2)アンケートデータを活用

公式アカウントの友だちにアンケート回答を呼びかけ、その回答結果をセグメント配信に活用する方法です。

大きなメリットとしては、基本属性だけではなく自社の商品やサービスに関連する質問をアンケートに組み込むことができること、まだ自社会員ではない見込み顧客に関する情報を取得できることの2つがあります。また、一定の周期で定期的にアンケートを実施すれば、情報の鮮度をある程度保つことができる点もアンケートのメリットとしてあげられるでしょう。

3)自社の会員情報を活用

自社の会員情報とLINEのIDを連携させることで、自社で保有する会員登録情報もセグメント配信に活用できます。

購入履歴やメルマガ開封履歴などの情報を使うことで、ECサイトや店舗、メルマガなどの他のチャネルでの行動を踏まえたメッセージ配信が可能になります。このことは、よりシームレスな顧客体験の実現につながります。

またECサイト会員など自社会員の属性情報は、一般的にLINE保有の属性データよりも精度が高いことが多いも活用のメリットでしょう。

4.セグメント配信の効果的な活用事例

セグメント配信の効果を高めるには、きめ細かいユーザーの分析と理解が欠かせません。それを踏まえたうえで、セグメント配信を成功させる手法を事例とともにご紹介します。

事例(1)会員情報×アンケートデータを活用した配信で、顧客ロイヤリティ向上

資生堂では、自社通販サイトの新規会員獲得と各ブランドのブランドリフトを目的にLINE公式アカウントを運用しています。その特徴は、自社通販サイト「ワタシプラス」のアカウントやお客様窓口のアカウント以外にも、dプログラム、BENEFIQUEなどのブランドアカウントを複数運営していることです。

顧客ロイヤリティを高めるためパーソナライズを意識しており、アンケートや自社会員情報のほか運営する複数のLINE公式アカウントを友だち登録しているユーザーの情報も活用して、きめ細かいセグメント配信を実施しています。

資生堂の敏感肌向けブランド・dプログラムのアカウントでは、チャットによるアンケート形式で肌タイプチェックを行い、アンケートの情報から得た肌タイプ分類の結果をサンプルプレゼントを訴求するメッセージ配信に活用しました。

【dプログラムLINE公式アカウント「肌タイプチェック」】

事例(2)エリア・誕生日を活用した配信で、メルマガの3倍の反応率を獲得

宅配寿司「銀のさら」では、デジタルでの販売促進施策の1つとしてLINE公式アカウントを運営しています。2020年2月の時点で友だち数280万人、公式HPからの注文のうち10%がLINE公式アカウント経由など高い成果を上げています。

【「銀のさら」LINE公式アカウントの主な成果】

「銀のさら」LINE公式アカウントでは、一斉配信のほか、月5回程度のセグメント配信を実施。配信対象を絞り込む条件として、ユーザーの居住地と生年月日を主に活用しています。

居住地は各店舗のカバーするエリアと紐づけ、地域限定メニューの訴求に活用しています。また生年月日は、宅配すしの利用シーンの1つである「誕生日」の訴求に活用。月ごとに、誕生月であるユーザーに対してクーポン付きのお祝いのメッセージを配信しています。

事例(3)アンケートデータ活用による、ニーズに合った物件提案で関係構築

不動産・住宅情報サイトの「LIFULL HOME’S」では、One to Oneマーケティングによって長期的な関係を構築し、売り上げ向上を図ることを目的としてLINE公式アカウントを運営しています。

不動産情報サイトは一般に、ユーザーから引っ越し前後の時期だけ必要な存在と認識されることが多く、継続的な関係構築が難しいという課題があります。しかし実際には、賃貸を借りた数年後に住宅購入を考えて不動産情報サイトを訪れる、メンテナンスが必要になるなど、住宅に関する需要は何年か置きに発生することが普通です。そこでLIFULL HOME’Sでは、ユーザーとの長期的な関係づくりを目指して、LINE公式アカウントをスタートしました。

One to Oneコミュニケーションの鍵となるセグメント配信では、LINE公式アカウント上で取得したアンケートデータを活用。それぞれのユーザーのニーズに即した物件の提案や情報発信を行っています。

【「LIFULL HOME’S」LINE公式アカウント】

5.まとめ

LINE公式アカウントのセグメント配信について、機能や活用事例をご紹介しました。

LINEのセグメント配信で成果を上げるためには、自社で保有しているデータの見直しとターゲットユーザーの絞り込み、メッセージの出し分けに分類して考える必要があります。また、これらを自社のマーケティング戦略の一環として、計画・実行していくことが欠かせません。

従量課金に対応した配信コスト削減に有効なだけではなく、ユーザーの興味関心に合った情報配信ができることで顧客ロイヤルティ向上や売上への効果も期待できます。セグメント配信をうまく活用していくことが、LINE公式アカウントの運用を成功に導くと言えるでしょう。

text/Keiko Matsumoto(ADDIX)

(こちらもおすすめ)
LINE公式アカウントの友だちを増やす方法は?
LINE公式アカウントでECサイトの集客・売上を増やすには?
LINE公式アカウントで店舗への集客とリピーターを増やすには?

【出典/参考記事】
https://www.linebiz.com/jp/manual/OfficialAccountManager/messages/segmented/
https://www.linebiz.com/lp/line-official-account/plan/
https://www.linebiz.com/jp/case-study/shiseido/
https://www.linebiz.com/jp/case-study/gin-no-sara/
https://www.linebiz.com/jp/case-study/lifull/

関連リンク

ADDIX_Digital_Marketing_logo

300社以上のデジタルマーケティング実績あり

ADDIXが提供する「ソーシャルメディアマーケティング」
ADDIXのデジタルマーケティング事業部ソーシャルマーケティングユニットは、豊富な実績と最新の知見によりソーシャルメディアを活用したマーケティングの成功を支援。ユーザー視点・顧客体験を起点とした戦略策定からコミュニケーション設計、アカウント・広告運用、分析までトータルにサポートします。LINEに関するご相談もお気軽にご連絡ください。
https://www.addix.co.jp/business/digital-marketing/

記事やサービスについてお気軽にお問い合わせください。

は必須項目です。

お名前は必須項目です。

フリガナは必須項目です。

会社名は必須項目です。

メールアドレスは必須項目です。

お問い合わせ内容は必須項目です。

下記「個人情報の取扱いについて」に同意の上お問い合わせください

個人情報の取扱いについて

1.事業者の名称
 株式会社ADDIX

2.個人情報保護管理者
 経営企画室 室長

3.個人情報の利用目的
 お預かりした皆様の個人情報は次の目的のみに利用します。

  • • お問合せへのご対応
  • • 企業情報登録
  • • 弊社サービスのご案内

4.第三者への提供
 当社がお預かりした皆様の個人情報は以下の場合を除き、第三者への提供は行いません。

  • • ご本人の同意がある場合
  • • 法令に基づき情報の開示が要求される場合
  • • ご本人を含む第三者の生命、身体、財産の保護が必要であり、かつご本人の同意を得ることが困難な場合

5.個人情報の委託
 個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、当社が規定する個人情報管理基準を満たす企業を選定して委託を行い、適切な取り扱いが行われるよう監督します。

6.お問い合わせの回答に関して
情報のご提供は任意ですが必要な情報をご提供頂けない場合は、最適な回答ができないことがあります。

7.開示等の請求先

個人情報お問合わせ窓口担当
経営企画室 室長
TEL:03-6427-7621 FAX:03-6427-7622
電子メール:privacy@addix.co.jp

以上

上記「個人情報の取扱いについて」にご同意頂ける方は「同意する」を選択して進んでください。

お問い合わせ内容確認画面

お問い合わせ有難うございました。

この度は、BWRITEにお問い合わせいただき、誠に有難うございます。
内容を確認後、改めて担当者よりご連絡差し上げますので、今しばらくお待ちいただきますよう、お願い申し上げます。
※回答には2営業日程度お時間を頂戴する場合がございます。

RECOMMEND