進化したデジタルプレイヤーズカード、シャイニングアークスカード。

NPB、Jリーグ、Bリーグ、Vリーグ…ほとんどのプロスポーツの各チームが、ファンマーケティングの一環として人気選手などを採用したプレイヤーヤーズカードをリリースしています。

ラグビージャパントップリーグのNTTコミュニケーションズシャイニングアークス(以下、シャイニングアークス)も、これまでにも一般的なプレイヤーズカードはリリースしていました。しかし、ファンから愛されるオンリーワンのチームづくりを目指して、今回プレイヤーズカードを一新。今までにない新しいシャイニングアークスカードをリリースしました。

さる12月9日、日本ラグビーの聖地である秩父宮競技場で、同カードの第一回目の配布が行われました。果たしてどのようなカードになっているのか、詳細をご報告します。

一見、一般的な選手カード。その実、デジタルカード。

当日は、カード配布前1時間前からシャイニングアークスのテント前にファンのみなさんの長い列が…。ファンのみなさんからの注目の高さを感じました。

(※カード配布前のシャイニングアークスのテント前。多くのファンのみなさんが長い列をつくってカード配布開始を待っていました。)

その後、いよいよ配布開始時間となり、筆者もついにシャイニングアークスカードを入手。カードは一見、人気選手を起用した一般的なプレイヤーズカードに見えます。
しかし、カード表面に次の記載があります。「このカードで特設サイトにアクセスしてスペシャルコンテンツをゲット!!」。そこでスマートフォンで、カードの裏面にあったhttp://www.shiningarcs.blue にアクセスすると、特設サイトのTOPページが表示されました。

TOPページには「YOUR CARD TOUCH HERE !! カードをタッチしてスペシャルコンテンツをゲット!!」と表示されています。
スマートフォンの画面に対して、カードを軽くタッチしてみると、即座にページが切り替わりました。TOPページそのものがカードに反応して、自動的にページが遷移しました。

(※特設サイト「http://www.shiningarcs.blue」のTOPページと牧野内選手のカード。)

5人の人気選手の、撮り下ろし動画コンテンツを配信

(※左:TOPページから遷移した動画コンテンツのリスト表示ページ)
(※右:金選手の動画ページ)

次のページでは、シャイニングアークスの人気選手たちの動画へのリンクが並んでいます。ラグビー日本代表の金正奎選手や小倉順平選手、7人制ラグビー日本代表でもある羽野一志選手、女性ファンから人気の高い牧野内翔馬選手、そしてラグビー通の間で高く評価されている庵奥翔太選手5人の選手の動画コンテンツが用意されていました。
リンクをタップすると、インタビュー動画をチェックすることができます。シャイニングアークスファン、ラグビーファンの心をくすぐる撮り下ろし動画です。

各選手のインタビュー動画はシャイニングアークスカードがなければ視聴できない制御がされており、ページのURLをSNSでシェアしても動画は見れません。シャイニングアークスカードが、スペシャルコンテンツを視聴するためのキーカードになっていることに驚きました。

「ファンとのコミュニケーションを変える可能性がある」牧野内選手

試合会場では、実際にインタビュー動画にも登場する牧野内選手のインタビューにも成功しました。

(※シャイニングアークス牧野内翔馬選手と、牧野内選手のインタビュー動画ページ)

─新しいシャイニングアークスカードが完成しました。ご感想は?

牧野内:まだどのチームにも導入されていない新しいカードで、トップリーグでシャイニングアークスが一番最初に採用、というのがすごくうれしいですね。

─これまでのプレイヤーズカードとの違いを教えてください。

牧野内:これまでのプレイヤーズカードは、ファンのみなさんにプレゼントして、そこがゴールでした。でも、新しいシャイニングアークスカードは、ページにカードをタッチするといつでも僕たち選手たちのインタビューを見ることができます。このコミュニケーションの広がりが最大の違いですね。インタビュー動画は、このサイトにしかアップされていません。

─シャイニングアークスカードの可能性に関して教えてください。

牧野内:全国にいらっしゃるシャイニングアークスファンのみなさんとのコミュニケーションを、大きく変える可能性もあると思います。カードとコンテンツの組み合わせがファンと選手の距離を縮め、選手をいつも身近に感じてもらえるようになると思います。シャイニングアークスとファンのみなさんの一体感を、もっと強くするツールなってくれるかもしれない…と期待しています。

カード1枚で、2つの楽しさをファンに提供

ファンにとってこれまでのプレイヤーズカードは、集める楽しみにフォーカスしたアイテムでした。しかし新しいシャイニングアークスカードは、「集める楽しさ」と「コンテンツを見る楽しさ」の両方をファンに提供してくれる新しいデジタルツールとなっています。

(※12月9日に行われたシャイニングアークス対キャノンイーグルスの試合。カードによって、これからラグビーの試合の楽しみ方も変わるかもしれません。)

今回、シャイニングアークスカードが提供してくれたのは選手のインタビュー動画でしたが、試合の生中継や人気選手による生解説を楽しむためのキーカードとしてなど、カードの可能性は無限大です。ファンマーケティングの強化を目指すプロスポーツチームで、今後導入がますます進む可能性を強く感じました。筆者が幼少期に夢中になったプロ野球カードが、生まれ変わる時がきたのかもしれません。

text/Hiroshi Ichimura (BWRITE編集部)

※シャイニングアークス特設サイトURLhttp://www.shiningarcs.blue
注)スマートフォン専用サイトです。動画コンテンツの視聴には専用カードが必要です。
※シャイニングアークスカードには、ADDIXのデジタルスタンプソリューション「eLINK STAMP & CARD」の技術が採用されています。

※デジタルスタンプソリューション「eLINK STAMP & CARD」とは?
https://www.addix.co.jp/digitalstamp_eLINK/
eLINK STAMP & CARDは、スタンプラリー、ポイントカード、キャンペーンツールなど、様々な目的とシーンで活用可能なデジタルスタンプソリューションです。スタンプ筐体のみでの運用、カード筐体のみでの運用、スタンプ筐体とカード筐体の双方を併用しての運用も可能です。

RECOMMEND