【インタビュー:ハーバード流人材育成に学ぶ】前編:これからのリーダーに必要な資質とは?

(※ハーバード・ビジネス・レビュー特任編集委員 山崎繭加氏)

世界のトップリーダーを育む教育機関であるハーバード・ビジネス・スクール(以後HBS)は、2011年から教育改革を実施しました。昨年出版された「ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか」(著:山崎 繭加, 監修:竹内 弘高/ダイヤモンド社)は、その改革の流れを背景に、HBS が日本の東北を舞台に開催している授業、ジャパンIXP(Immersion Experience Program)を紹介するもので、その内容は仕事をする全ての人に少なからぬ示唆を与えてくれます。

同書を執筆された、元HBS日本リサーチセンターのスタッフで、ハーバード・ビジネス・レビュー特任編集委員の山崎繭加氏にインタビューを行い、これからのリーダー、そしてビジネスマンに求められるものについて伺いました。前編後編の2回に分けてお送りします。前編は「リーダー」についてのお話です。

お話を伺った方:ハーバード・ビジネス・レビュー特任編集委員 山崎繭加氏

「Knowing」偏重から「Doing」「Being」へ:HBSの教育改革

-ご著書を拝読させていただき、仕事をする上での自らの在り方についてあらためて考えさせられました。お話を伺う前に、まずHBSの教育改革をについてあらためてお聞かせください。

山崎繭加氏(以降、山崎氏):HBSの創設(1908年)当初からの理念は、「世界を変えるリーダーを育成する」ということです。リーダーを育てるためにどのような教育をすべきなのか。試行錯誤しながら確立してきたのが「ケース・メソッド」。組織や人が抱える具体的な課題について書かれた物語(ケース)を読みこみ、教室で議論して学ぶという手法です。MBA(経営学修士)では2年間で約500のケースを読みます。国、産業、組織形態、立場などあらゆる状況に模擬的に身を置いて「自分ごと」として議論することで、自分自身の考え方を明らかにし、他の価値観から学び、意思決定を行うトレーニングを行います。

ところが2008年の世界金融危機と創立100周年とが転機となって、ほぼケース・メソッドだけで行ってきたこれまでの教育スタイルでよかったのだろうか、という真摯な自省が行われました。HBSは危機を引き起こした金融業界に多くの卒業生を輩出してきたからです。結果、2011年に大きな教育改革が行われました。

そこで提示されたフレームワークが「Knowing, Doing, Being」という考え方です。「Knowing」とは、知識を指します。「Doing」は、実際に行動して、失敗をしたり泣いたり笑ったりすることによって学ぶこと。そして「Being」は「自分が何者で、どんな価値観を持ち、社会にどう向き合いたいか」という、すべてのスタート地点となる意識の部分での学びです。「Being」は何をやるにしても基本となる羅針盤のようなものです。教室の中で行うケース・メソッドでは、どうしても「Knowing」偏重になってしまっていました。そこで「Doing」と「Being」も重視する教育へと切り替えていく、というのが改革の方針となりました。

新たな教育手法の一つとして導入されたのが、学生たちが海外に行き現地にどっぷり浸かってその地で事業を展開する企業の課題解決を手伝うといった実践を重視した授業です。東北でのジャパンIXPは、東日本大震災を機に「日本のために何かをしたい」という学生の要望から誕生したプログラムですが、この実践重視の教育改革の流れを受けて、単位が出る正式な選択科目となりました。HBSの学生たちは東北で地域のための事業を営む企業に対しコンサルティングを行います。

1 2 3

RECOMMEND