企業公式アカウント、女性のフォロー動機は「自分の役に立つこと」。SNSコンテンツ調査:20~40代(2)

BWRITEでは2017年7月、SNSを利用する(※)15~49歳の女性400人に「SNSコンテンツについての意識調査」を実施しました。今回はこの調査から20~40代の女性にフォーカスし、「企業公式アカウント」との関係についてのレポートをお届けします。

※事前調査でTwitter、Facebook、Instagramのいずれかのアカウントを持っているとお答えの方。

■20~40代のSNS利用女性の6割が「企業公式アカウント」をフォロー。3割が「購入が増えた」と回答。

今回の調査では、SNSを利用する20~40代女性の65.7%が、SNSで何らかの「企業公式アカウント」をフォローしていると答えました。多くの女性にとって、SNSは企業とのコミュニケーションの場でもあるようです。またフォロー率には、年代による大きな違いは見られません。

<Q: あなたは、LINE、Facebook、Instagram、Twitterのいずれかで、ブランドやお店、サービスなど何らかの「企業の公式アカウント」をフォローしていますか。(全体)>

<Q: あなたは、LINE、Facebook、Instagram、Twitterのいずれかで、ブランドやお店、サービスなど何らかの「企業の公式アカウント」をフォローしていますか。(年代別)>

企業公式アカウントのフォロー後には、その企業に対してポジティブな変化が起きることが多いようです。もっとも気に入っているフォロー中の企業公式アカウントについて、45.2%がフォローしてから「さらに好きになった」と回答。また、38.1%が「ブランドに詳しくなった」、31.5%が「購入や来店が増えた」と答えています。

<Q: あなたが、もっとも気に入っている「企業公式アカウント」をフォローしてから、どのような変化がありましたか。(全体)>

意識の面では、若い年代ほどフォローした企業公式アカウントの影響を強く受けています。フォロー後に「さらに好きになった」と答えた割合は20代では6割ですが、40代では3割とほぼ半分にとどまっています。

対して、実際の消費行動の面では年代での違いは見られません。フォロー後に「購入や来店の回数が増えた」と答えた割合は、どの年代でも3割超となっています。

なお、フォローしている企業公式アカウントアカウントの商品などを「SNSに投稿した」割合は20代がもっとも多く、若い年代ほど高いようです。逆に「他の人に勧めたい」割合は年代が上がるほど高くなり、40代でもっとも高くなっています。

<Q: あなたが、もっとも気に入っている「企業公式アカウント」をフォローしてから、どのような変化がありましたか。(年代別)>

1 2 3

RECOMMEND