30代以下女性は「スマホ」からの情報収集が主流。40代以上は「PC」。情報収集意識調査2017

スマホでの情報入手先、1位「ネット検索」。「Instagram」「LINE」「YouTube」が増加。

スマートフォンで情報収集する時、女性たちは何を見ているのでしょうか。スマートフォンで情報収集する人に伺ってみました。すると昨年も今年も、全ての年代で1位は「ネット検索」でしたが、2位以下には大きな変化があったようです。中でも、「Instagram」、「LINE」、「YouTube」の伸びが目を引きます。また、「Twitter」の利用者も多いようです。

<Q5: あなたは普段「スマートフォン」で、「プライベートでの情報収集」のために何を見ていますか?(複数回答)>

【参考グラフ(2016年調査結果を再グラフ化)】

「Instagram」は、30代以下では、昨年から大きく順位を伸ばして2位に。40代以上でも4位に入っており、もはやスマートフォンユーザーの情報収集に欠かせないツールといえそうです。

「LINE」は、昨年とは選択肢を変更しているため単純比較はできませんが、30代以下で上位に入ってきています。LINEアカウントメディアプラットフォームへの参画メディアの充実などによって、ほしい情報が手軽に手に入るツールとしての認知が高まっているように思われます。

「YouTube」は、順位的にはどの年代でも5~6位ですが、全ての年代で、昨年よりも10%ほど割合を伸ばしています。スマートフォンでの動画視聴が習慣化していくに伴い、今後もその割合を増やしていくことが考えられます。

一方、「ブランド、ショップなどの公式サイト/アプリ」は、18~29歳と30代とで大きく割合を減らしています。InstagramやLINEの伸びから考えると、これらの複数ブランドをまとめてチェックできるツールへと、情報収集の場が集約されてきているようにも思える結果です。

1 2 3

RECOMMEND