ソーシャルメディア戦略で20億円ビジネスに!豪発ボディケアコスメ「フランクボディー」

(Photo courtesy of Instagram user @frank_bod

オーストラリア発ボディケアコスメ「FRANK BODY(フランクボディー)」が今話題を呼んでいます。たった一つの製品「Original Body Scrub(オリジナルボディースクラブ)」販売を、4年で20億円のビジネスへ成長させたのは、当初から行ってきたInstagramをはじめとした明確なソーシャルメディア戦略でした。ミレニアル世代、そして、ジェネレーションZ世代(※1)を虜にしたこのボディースクラブは、2000万本以上もの売上を誇る人気商品に成長しています。

(※1)ミレニアル世代、ジェネレーションZ世代:
ミレニアル世代は1980年以降に生まれた世代、ジェネレーションZ世代は1990年代半ば以降に生まれたソーシャルメディアネイティブ世代。いずれもデジタルネイティブ世代であり、社会のあり方を変容させる世代として注目される。

フランクボディーの強みは、そのブランドが持つオリジナリティと、緻密に計算されたSNS上のコンテンツにあると、デジタルマーケティングの専門プラットフォームOlapic(オラピック)はそのブログで述べています。

コーヒー+ヴィーガンというオリジナリティ溢れる商品

現在製品のラインナップを増やしたフランクボディーですが、コーヒーは全商品に共通する素材です。コーヒーの抗酸化作用を美容に利用するという考えは、一部の美容フリークにはすでに知られていたことです。ネットには独自のレシピを掲載する人も存在している中、商品化されたものが存在していないことに目をつけたのが、フランクボディーの5人の若き創設者たちでした。

創設者たちは、自分たちと同世代であるミレニアルやジェネレーションZ世代をターゲットに選びました。彼ら世代の傾向の一つは、有害物質の入っていない製品を好むことです。さらに、衣食住の全てにおいて動物由来のものを避けるヴィーガン志向が高いのも、この世代の特徴です。イギリスのヴィーガン専門誌の調べでは、1万人を対象にイギリスで行った調査では、65歳以上の14%に対して、15~34歳では、ヴィーガン志向者は42%に上るといいます。

フランクボディーは、ヴィーガン向け製品がほとんど(約7割)です。さらにノンヴィーガンのものも含めて、すべての製品がナチュラル(石油化合物を使用していない)製品です。こうした製品の特徴は、製品の美容効果に加え、商品にオリジナル性を持たせ、人気につながっています。

綿密なSNSコンテンツ戦略:ブランドのアンバサダー「frankfurts」の存在

フランクボディーは、立ち上げ当初メイクアップアーティストやビューティーブロガーなどのインフルエンサーに対して、商品を提供するというPRキャンペーンを行いました。

一方で、純粋にSNSを通じて購入した顧客たち(ユーザー)を「frankfurts(フランクファーツ)」と呼び、ハッシュタグ「#thefrankeffect(ザ・フランクエフェクト)」を使った写真をポストすることを促し、コミュニティー作りを始めました。

中でも女の子たちがコーヒースクラブを使って、日々のスキンケアの様子を「getting dirty(汚れている)」写真としてアップすることを、ソーシャルメディアの中でムーブメントとして起こしました。こうした流れの中、フランクボディーはセレブが使用している写真の投稿よりも、ユーザーによる投稿写真の方がより口コミ効果が高いと分析しています。

1 2

RECOMMEND