世界からVR、AIなど最新テクノロジーが集結!スタートアップの祭典「Slush Tokyo」

2017年3月29日(水)から30日(木)の2日間に渡り、スタートアップフェスティバル「Slush Tokyo」が東京ビッグサイトで開催されました。世界中からスタートアップや起業家、投資家などが東京に集う、注目のイベントを取材してきました。

グローバルコミュニケーションを加速させる、”開かれた場”

今年で3回目となる「Slush Tokyo」は、2008年にフィンランド・ヘルシンキで始まった世界最大級のスタートアップフェスティバル「Slush」のアジア版として2015年に「Slush Asia」という名称でスタート。その後のアジアの他都市での現地版「Slush」の開催を受け、今年から「Slush Tokyo」に名称を変更しています。

主催者側の発表によると、国内外から5000人の参加者、500社のスタートアップ、200人の投資家、250人のジャーナリストを迎え、「Slush Tokyo」過去最大の参加者数を記録したそう。日本でも起業ムーブメントが高まりつつあるようです。

会場に入るとまず驚かされたのは、学生を中心としたボランティアスタッフの若さと、提灯や櫓(やぐら)などのお祭り会場のようなセッティングが作り出す開放的なムードでした。実はこのビジネスイベントらしからぬ雰囲気こそが『オープンなコミュニティを作る』ための演出。イノベーションを生む場としての空間作りが徹底されていました。

なお、スタートアップのピッチコンテストを始め、ゲストスピーカーの対談やスピーチ、公式サイトやプログラムに至るまで、「Slush Tokyo」で使われる言語は全て英語。日本にいることをついつい忘れてしまいそうな、グローバルな空間でした。

(※提灯が飾られた、東京ビッグサイト東7ホールに設置された会場。)

また、Slush Tokyoには展示会の側面も。ピッチコンテスト出場企業をはじめ、その他のスタートアップ企業や協賛企業などが出展し、製品やサービスの展示や発表を行っていました。AI、IoT、VRなど、注目の最新テクノロジーを活用したものが数多く見られました。

VRやホログラフィックなど、最先端の映像テクノロジー活用のサービス

そういった中で、VRなどの映像技術を用いた発表からBWRITEが注目した2つをご紹介します。

【STYLY】: VR技術を用いた、ファッションVRショッピングプラットフォーム
Psychic VR Labの『STYLY(スタイリー)』は、クラウドベースのアパレル3DスキャンシステムとVR技術が融合したファッションVRプラットフォーム。洋服などのアイテムをデータとして取り込み、VR空間の中でのショッピングやファッションショーなどを可能にするシステムです。

(※Psychic VR Labの代表取締役、山口征浩氏によるトークセッション。)

活用方法は、店頭プロモーションや、展示会、ECサイトなど様々。ネットとリアルの連携や、新たなファッション体験の提供を模索し、すでに三越伊勢丹やパルコなどの商業施設や複数のファッションブランドに導入されています。

世界観を大切にするファッションブランドにとって、そのストーリーを具体化したVR空間の中でのショッピングやショーは、ひとつの理想形ともいえます。また顧客にとっても、自分の好きなブランドの魅力が詰め込まれたバーチャルの世界で、好きな服を『買う』『見る』体験は、今までにないエキサイティングなファッション体験となるのではないでしょうか。

【DMM VR THEATER】:立体映像と実在人物の共演も可能な、世界初の常設ホログラフィック劇場
協賛企業DMM.comが運営する常設ホログラフィックシアター、DMM VR THEATERのデモストレーション。実際のシアターと同じ3Dムービーをデスクトップサイズで上映しています。

(※デモ映像は、ふなっしーのアクションゲーム風ダンスムービー。)

写真では伝わりにくいですが、肉眼で見るとキャラクターがまるで立体的に存在しているかのように見えます。VRゴーグルのようなデバイスの装着は不要。また、ステージには生身の出演者も同時に立つことが出来るとのこと。

現在は、アニメキャラクターのミュージカルなどのエンタメ系コンテンツの上演がメインのことですが、ビジネスでの利用も面白そうです。例えば、化粧品やアパレルブランドの発表会などで、新商品をアピールする3D映像と、実際の製品やモデルがステージ上でコラボするなど、いろいろな見せ方が考えられるのではないでしょうか。常設劇場であるため、3D投影のための設備を準備する必要がないことも魅力です。

Slush最大の目玉、スタートアップ企業のピッチコンテスト

ピッチコンテストでは、英語による、自社の製品やサービスについての各5分間のプレゼンテーションが行われました。日本をはじめ、韓国、中国などのアジア諸国、ヨーロッパなど世界各国から約80チームが参加。その中から、BWRITEが注目するスタートアップ企業をいくつかご紹介します。

【Inzpire.me】:インフルエンサーを条件で検索!支払いまでフォローするトータルプラットフォーム
ノルウェーのスタートアップが運営するInzpire.meは、インフルエンサーとブランドをつなぐマーケットプレイス。

ブランドは、登録されたインフルエンサーを各SNSのフォロワー数や、得意分野、性別、料金などの条件で検索することが可能。また、仕事の依頼から、エスクローサービスを利用した安全な支払いまで、インフルエンサーとの一連のやり取りをこのプラットフォーム上で済ませることが出来ます。

登壇したMarie氏によると、現状では世界のインフルエンサーマーケティングの予算の90%を、わずか10%のインフルエンサーが得ているとのこと。Inzpire.meは、その偏りの改善をサポートします。

インフルエンサーには、得意分野やアピールポイントを登録することで各ブランドに見つけてもらいやすくなるメリットを、ブランド側には、自社の求める条件にマッチするインフルエンサーを検索で手軽に探すことができるというメリットを提供し、インフルエンサーとブランドの双方にとって幸せなマッチングを増やしていくことを目指しています。

日本企業にとっては、グローバル向けプロモーションなどで海外のインフルエンサーを活用する際に重宝しそうなプラットフォームです。

【日本美食】:Wechat Payにも対応!予約・支払い機能を持つ、インバウンド向け飲食店情報サービス
日本美食は、中国からのインバウンド観光客に向けて、日本国内の厳選された飲食店を紹介するメディア。お店探しから予約、支払いまでを一貫してアプリ上で済ませることが可能で、観光客と飲食店とに今までにない快適な体験を提案します。

支払いは、銀聯、Alipay、Wechat Payに対応。QRコードを読みこんで、支払いをすることが出来ます。また、予約時に事前に支払いを済ませておくことも可能で、滞在時間が限られる観光客にとっては、とても助かるサービスではないでしょうか。また飲食店にとっては、情報を掲載することで観光客への露出を増やすことが出来るメリットがあります。

2020年の東京五輪を控え、このようなメディア機能とペイメント機能とを兼ね備えたツールのニーズは高まると予想されます。また、国内向けのサービス開発やメディア企画においても、参考に出来る部分があるように感じました。

新しい時代を創るスタートアップが集う場、Slush Tokyo。今後ますます注目のイベントへ。

今回、Slush Tokyoを取材して印象的だったのは、今まさにこの現場から新しい時代が始まろうとしている、という熱気でした。ピッチコンテストで発表される内容や展示ブースなどには、もしこういうものが当たり前になったら、生活がより便利で楽しく便利に、そして、ビジネスがより効率的になるだろうと感じる製品やサービスも数多くありました。

AIやIoT、VRなどのテクノロジーは、取り入れたうえで、それをどのように活用するかの段階に入っています。今後はますます当たり前の存在となり、質が問われていくようになるでしょう。古い仕組みが壊れ、新しい仕組みが作られていく時代は、スタートアップの千載一遇のチャンス。Slush Tokyoは、今後ますます盛り上がっていきそうです。

text/Keiko Matsumoto(BWRITE編集部)

■Slush Tokyo 2017開催概要
日時:3月29日(水)、30日(木)10:00~18:00
会場:東京ビッグサイト(〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11-1)
公式サイト: http://tokyo.slush.org

※次回Slushは、2017年9月19日に行われる「Slush Singapore 2017」 (http://singapore.slush.org/)

■関連URL
Psychic VR Lab
http://psychic-vr-lab.com/
DMM VR THEATER
http://vr-theater.dmm.com/
Inzpire.me
https://inzpire.me/
日本美食
http://www.japanfoodie.jp/

RECOMMEND