化粧品サイトで重視する情報は、年代でどう違う?EC調査 化粧品編(3)サイト内コンテンツ

BWRITEが20~40代の女性300人に対して2016年12月に実施した、「ECについての意識調査」。今回は「化粧品編」第3回レポートとして、購入サイト/アプリ内で重視しているコンテンツや商品選びの方法について、年代別に分析した結果をお届けします。

※今回の調査での「EC」はBtoCのみを指しており、フリマアプリなどのCtoC(個人間取引)は除きます。

商品の探し方、20代は「クチコミランキング」、40代は「自身の購入履歴」が1位!

女性たちはサイトやアプリ内で、どのようにして購入する化粧品を探しているのでしょうか。全体的に見ると、「アイテム名」「ブランド名や商品名」などでの検索が主流のようです。

20代では、「クチコミランキング」が「アイテム名」「ブランドや商品名」と同率で1位となっており、他の年代よりも、ユーザーのクチコミを重視する傾向が見られます。また、「自身の購入履歴から」という回答が40代に次いで多く、「ブランドや商品名」も多いことから、すでにほしい商品が決まっている状態でサイトを訪れる20代女性も少なくないことが伺えます。

30代では1位は「アイテム名」、次いで「商品カテゴリ」「売れ筋ランキング」という順位です。サイト内でまず「アイテム」や「商品カテゴリ」で商品を絞り込み、「売れ筋ランキング」をチェックして商品を選ぶ、という女性が多いようです。

40代では「自身の購入履歴」という回答が最も多く、次いで「ブランド名や商品名」が2位になっています。この年代では、同じ商品をリピート購入していたり、特定の商品を指名買いしている女性が多いことが伺われます。なお、40代では「価格帯で検索して」の割合が低く、他の年代よりも価格以外の要素を重視する傾向があるようです。

なお、「特集コーナー」との回答は、30代、40代では、それぞれ17%前後ですが、20代ではわずか8.0%と1割を下回っています。20代女性は、他の年代の女性に比べて、特集コーナーを見て購入商品を選ぶことが少ないようです。

1 2 3 4

RECOMMEND