AI技術で予測!料理共有アプリ「スナップディッシュ」LINE bot「ごはん予報」提供開始

料理共有サービス「スナップディッシュ」を運営するヴァズ株式会社は、同社のAI技術を活用したLINE bot「ごはん予報」の提供を開始しました。

LINE bot「ごはん予報」: https://line.me/R/ti/p/%40pkp0138q
※LINE Botは、LINE株式会社が提供するLINE Messaging APIを活用したLINE@上のサービスです

「ごはん予報」は、スナップディッシュのユーザーが投稿した1,000万品を超える料理画像を、AI技術を活用して解析し、明日の食卓に並ぶ料理を「予報」という形で提案するサービス。これまでスナップディッシュに蓄えられた文字や料理画像データをディープラーニングで解析し、多くのユーザーが投稿している料理やグッドビジュアルな料理を抽出。さらに、抽出されたデータに季節や日付などの情報を加味して、LINE botでユーザーに届けます。

これまでの料理アプリやSNSなどでは、タイムラインをチェックしたり、料理名や食材で検索するなど、作りたい料理を見つけるまでに時間がかかりました。さらに、どの料理研究家やユーザーをフォローするか、どんなキーワードで検索するかなどのアクションが必要なため、使いこなすまでには慣れとコツが必要でした。この「ごはん予報」では、LINEで友だち追加するだけで、おすすめの情報を自動的に受け取ることが可能です。

【利用方法】
「ごはん予報」を、LINEで友だち追加すると、ユーザーが作る旬の料理やトレンドの料理の写真と情報が毎日届きます。
また、料理に「もぐもぐ」のリアクションをすることで関連料理をおすすめする機能、トーク画面で料理写真を投稿するだけで記録できる「ごはん日記」機能など、便利な機能を使うことができます。

(ごはん予報機能)

(ごはん日記機能)

【今後の展開について】
「ごはん予報」から投稿されるごはん日記の料理写真や、 スナップディッシュに投稿される料理写真の解析を強化し、 料理のトレンドの抽出やユーザーが作りたくなるビジュアルの料理予測の精度を上げていきます。 また、スナップディッシュが予測したユーザーが好む料理写真の傾向や、料理のトレンドのデータをビジネス面に活用して、メーカーのマーケティングや商品開発に役立つソリューションの開発・提供を予定しています。

【スナップディッシュについて】
スナップディッシュ[SnapDish]は、お料理専門の写真とレシピの共有サービスです。1,000万品以上の料理写真とレシピが投稿されており、料理写真やレシピを通じたビジュアルコミュニケーションを楽しむことができます。
<アプリの概要>
アプリ名 : スナップディッシュ[SnapDish]
対応機種 : iOS 8.0以降 / Android 4.0以降
ダウンロード: App Store / Google Play / Amazon Appstore
対応言語 : 日本語、英語、中国語、他8カ国語
利用料金 : 無料

ウェブサイト: https://snapdish.co/
Instagram: https://instagram.com/snapdish/
Facebook : https://facebook.com/SnapDish/
Twitter : https://twitter.com/SnapDishJP/
Pinterest: https://pinterest.com/snapdishfoodcam/

RECOMMEND