女性は「ポイントが貯まる」ところで買う!EC調査 化粧品編(2)サイト利用の理由

新規サイト利用のきっかけは、「ポイント」と肌変化による「商品切り替え」。

それでは、新規のサイトやアプリで化粧品を購入するのは、いったいどういう時なのでしょうか?いちばん最近、今まで購入したことがなかったサイトやアプリで「化粧品」を購入した時のきっかけを調査したところ、「ポイント」「商品の切り替え」の2つが主な理由としてあがりました。

どの年代でも「サイトやアプリで買うとポイントがもらえた」という回答が多く、30代と40代では1位、20代でも2位となっています。「商品の切り替え」については、具体的な理由として「肌タイプ」と「悩み」が多くあがっています。切り替えの理由は、年代が上がるほど「肌タイプ」が減少し、「悩み」が多くなる傾向が見られます。

新規サイトの認知経路は「公式サイト」が1位。20代は「ネット検索」「Twitter」も。

新たに購入したサイトやアプリの認知経路については、「メーカー公式サイト」が全ての年代で1位となっています。年代別に見ると、それぞれの年代で情報収集にふだんよく使われているツールから、認知されている様子が伺えます。

20代では「ネット検索」「Twitter」が、30代では「価格比較サイト/商品レビューサイト」が、40代では「ネット上に表示された広告」「メールマガジン」が、それぞれ他の年代よりも割合が高いようです。

また、「ネット検索」と回答した人の具体的な検索ワードでは、「悩み」「商品名」「アイテム名」などが上位にあがりました。

女性は「ポイントが貯まる」サイトを選ぶ。「お得感」を感じさせる施策が必須。

ネットショッピングに慣れた女性たちには、ECでの購入で「安く買える」「ポイントがたまる」のは当たり前、という感覚があるようです。「ポイント還元率の高さでお店を決める」「ポイントが貯まりやすいので(そこで買う)」という声からは、ポイントがもらえるサイトの中から、さらに効率よく貯められるところを選んで購入している様子がうかがえます。このことからは、たとえばリアル店舗と公式オンラインショップとでポイントの連携がなされていない場合などに、共通で「ポイント」が貯められないことが、機会の損失につながっているケースもありそうに思われます。

また、新規に購入するサイト/アプリの利用のきっかけとしても、「肌の悩み」「肌タイプ」の変化に伴う「商品切り替え」とともに、「ポイント」が上位にあがっています。化粧品ECサイトの新規顧客開拓には、「肌の悩み」「肌タイプ」をキーにした商品訴求や、「レビューサイト」「ネット検索」への対策はもちろんのこと、さらにたとえば特別なポイント制度を用意するなど、サイトやアプリを訪れるユーザーに、そこで購入することが『お得』だと感じさせる、UX(ユーザーエクスペリエンス、顧客体験)の向上が必須といえそうです。

※第3回レポートでは、化粧品を購入するサイトやアプリ内での行動や、重視するコンテンツについてのレポートをお届けします。

※「ECについての意識調査【化粧品編】」結果レポートの記事は、3回に分けてお届けします。

<調査概要>
「ECについての意識調査【化粧品編】」(調査実施:BWRITE)
【実施期間】
2016年12月22日(木)~12月26日(月)
【調査対象・人数】
Fastaskモニター会員である20~40代の女性300名(有効回答から300名を抽出)
(年代割付:20代、30代、40代 各100名ずつ)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【調査企画・設計/調査主体】
BWRITE(運営: ADDIX)
【テキスト分析】
ADDIX アナリティクスユニット
【調査実施機関】
ジャストシステム「Fastask」

※BWRITEが実施した調査についてのご質問、レポートのご希望は「お問い合わせ・リリース受付」よりお問い合わせください。

 

関連リンク

ADDIX

ADDIX アナリティクスユニット

ウェブサイト分析、アンケート分析、ソーシャルメディアバズ調査、CRM分析など、マーケティング施策の意思決定に必要な情報を提供する調査分析チームです。
お問い合わせはこちら

1 2 3

RECOMMEND