20代の半数「化粧品のEC購入経験なし」。EC調査 化粧品編(1)購買行動と購入サイト

消費の低迷といわれて久しい中、国内EC市場は伸び続けています。経済産業省のデータ(※1)によると、2015年度の日本国内のECの市場規模はBtoC のみで13兆7746億円。対前年比で7.6%の伸び率であり、今後も拡大が予想されます。

そこでBWRITEでは、20~40代の女性300人に対して「ECについての意識調査」を実施。女性の生活に関係の深い「化粧品」「ファッション」「キッチン」の3つのカテゴリーについて、ECでの購入実態と意識を探りました。

そもそも、女性たちは、「化粧品」をECでどのくらい、どんなサイトで買っているのでしょうか。1回目は「化粧品」のEC購入について、「購買行動と購入サイト」に関するレポートをお届けします。

※今回の調査での「EC」はBtoCのみを指し、フリマアプリなどのCtoC(個人間取引)は除きます。

(※1)経済産業省「平成27年(2015年)度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160614001/20160614001.html

化粧品を「ECで全く購入したことがない」20代女性が5割?!

まず、女性たちが「化粧品」をECでどのくらい買っているかについて、年代別で調べてみました。その結果、意外にも「ECで全く購入したことがない」と答えた割合がもっとも高かったのは20代。半数が「ECで全く購入したことがない」と答えました。一方30代と40代では、EC購入未経験者はそれぞれ約4割。20代に比べ、10%ほど低い割合となっています。

なお、「化粧品」のEC購入者のみに絞って購入頻度を見ると、若い年代ほど購入頻度が高いようです。20代では、中には「週1回以上」と回答した人も。若い年代では、数は少ないものの、頻繁に化粧品をネットショッピングして楽しんでいる女性もいることが伺えます。

1 2 3

RECOMMEND