友だちになって、スマホでスクラッチ! SPUR.JP LINEキャンペーンの「Web de スクラッチ」を体験。

キャンペーンの成功には、魅力的なインセンティブだけではなく、参加者がすすんでシェアしたくなるような話題性や体験の楽しさが欠かせません。

デジタルキャンペーンの企画を手がけることも多い、BWRITEの運営会社ADDIXでも、お客様から、話題性のあるキャンペーンで参加率を高めたい、というご要望を伺うことが増えています。そこで開発されたのが、参加のプロセスそのものに「遊び」の要素を取り入れた「Web de スクラッチ」。スマホ画面の中でスクラッチゲームが楽しめる、デジタルキャンペーンツールです。

9月23日(金)より、この「Web de スクラッチ」が、株式会社集英社が運営するデジタルメディア「SPUR.JP」の「SPUR PLAYLAND」キャンペーン内で、公式LINEアカウントの友だち限定スクラッチゲームとして提供開始されました。「Web de スクラッチ」が、各社が運営する公式LINEアカウントでのキャンペーンで導入されたのは初めての試みとなります。

そこでBWRITEでは、今回のキャンペーンで提供されている、LINE友だち向けスクラッチゲームの事前お試し会を開催。「Web de スクラッチ」開発担当のプロダクト&サービス開発ユニット・水戸とともに、ソーシャルメディアユニット鵜飼、廣瀬の女子メンバー2人が体験しました。SNSキャンペーンの企画を担当することもある2人ならではの目線も交え、「Web de スクラッチ」についてお届けします。

「SPUR」とLINEで友だちになって、スクラッチゲームに参加!

「Web de スクラッチ」が提供されている、「SPUR PLAYLAND」キャンペーンは、SPUR.JPが開催するスペシャルキャンペーン。常にトレンドの最先端を行く雑誌「SPUR」のデジタルメディア、SPUR.JPが、デジタルオーディエンスへの感謝を込めて開催する一大キャンペーンです。SPUR.JPの各種チャンネル(InstagramTwitterLINEPush Message)それぞれで、異なる内容で同時に実施され、10月21日(金)まで開催されます。

今回「Web de スクラッチ」は、LINEにおけるキャンペーンで、SPURのLINE公式アカウント(LINE ID:SPUR)と友だちになると参加できる、スクラッチゲームとして提供されています。

キャンペーン参加のおおまかな流れは、下図のとおり。まず、「SPUR PLAYLAND」キャンペーン特設サイトからのリンクや、LINEアプリ内でのID検索から、SPURのLINE公式アカウント(LINE ID:SPUR)を探し、「友だちに追加」。すると、LINEのトーク機能でスクラッチ画面へのURLがメッセージで届き、ゲームに参加できます。

内容は、友だち限定のスクラッチゲームに参加して、当たりが出ると「SPUR」本誌6ヶ月分を15名にプレゼントするというものです。

scratch_chart

(※向かって左から、スクラッチキャンペーンの流れ&画面遷移。)

はずれたらLINEでシェアして再トライ!友だちと送りあって何度もチャレンジ可能。

早速、「SPUR PLAYLAND」キャンペーンのスクラッチを体験。ふだんキャンペーンを企画することもある2人ですが、今回のキャンペーンについてはまったく予備知識がない状態です。

scratch_1

SPURのLINE公式アカウントと友だちになり、送られてきたURLをクリックすると、スクラッチゲームの画面へ。ファッショニスタご用達の「SPUR」のイメージにふさわしい、ファッショナブルなデザインです。

SPUR_scratch_01

「Web de スクラッチ」では、支給された画像が自由に組み込めるため、ブランドイメージに配慮したデザインが可能です。

削ってみると…残念!ハズレました。

SPUR_scratch_02

鵜飼「はずれました(笑)もう1回チャレンジするには、どうすればいいんですか?」
水戸「友だちにこのキャンペーンを教えるとできます!
少し待っていただくと、シェアを呼びかける画面に自動的に遷移します。」
廣瀬「シェアすると、再チャレンジ出来るんですか?それならシェアします!」

SPUR_scratch_03

(※はずれると、シェアを呼びかける画面に自動的に遷移。)

鵜飼も廣瀬も、LINEで友だちにシェアして、再度スクラッチに挑戦。
2人とも、こういったキャンペーンを友だちにシェアすることについて、特にハードルが高いとは感じないようです。

シェアする友だちを選んで実行すると、ほどなくして、シェアした相手と自分宛にメッセージが届きました。

scratch_04

メッセージの前半は、シェア相手の友だちへのキャンペーン情報の紹介と、スクラッチゲームへのURL。相手の友だちが「SPUR」公式アカウントと友だちになっていない場合は、友だち追加の画面が表示されます。

メッセージ後半は、送った自分宛。URLをクリックして、再度スクラッチにトライできます。

SPUR_scratch_04

(※もう1度、スクラッチゲームにチャレンジ!)

またまたハズレの場合は、再度LINE上で誰かにシェアすると、さらに再チャレンジできます。シェアして何度でもチャレンジできるので、友だち同士で送りあってトライしてみても楽しそうです。

『削る』楽しさが魅力!その良さを活かしたキャンペーンと好相性のツール。

今回お試しした2人に、キャンペーンを企画して提案する立場ならではの視点も交えて、感想を述べてもらいました。

scratch_2

(※向かって左から、ソーシャルメディアユニット・鵜飼、廣瀬。)

廣瀬「今回のキャンペーンで、『はずれたら、シェアするともう1回出来る』というのは、いい導線だと思いました。SPURが好きな人なら、その友だちもSPURが好きそうな気がします。そういう友だち同士で内輪で送りあったりするのはありそうですね。

LINEでこういう情報を友だちに送る、ということ自体はハードル高くないですし。動作もスムーズで、すぐ送れました。」

鵜飼「やっぱりなんといっても、スクラッチの『削る』という行為の楽しさが、このツールの魅力だな、とあらためて感じました。

もし自分がクライアントに提案するときは、たとえば『削る』行為を商材に結び付けるなど、親和性のあるお客さんにご提案しても面白そうですね。たとえば、壁に塗るペンキとか、顔に塗るパックとかの商品で、それを取っていくと中が見えるとか。何かそういう商品とリンクさせた企画だと、採用していただきやすいと思います。」

最後に、今回制作ディレクションを担当した水戸に、「Web de スクラッチ」と、今回のキャンペーンでのご提供について語ってもらいました。

scratch_3

【プロダクト&サービス開発ユニット・水戸美優】
今回は、SPUR.JPのご担当者様から、この大きなキャンペーン(「SPUR PLAYLAND」キャンペーン)の中でLINEでの施策を何かやりたい、というご相談があり、「Web de スクラッチ」をご提案させていただきました。採用の決め手は、やはりゲーム性があって、楽しさがあるところではないでしょうか。特に今回は「SPUR PLAYLAND」キャンペーンということで、「PLAYLAND」(遊び場)がテーマでしたので、スクラッチがぴったりはまったようです。

お客様と相談しながら、カスタマイズが出来るのもアピールポイントです。画像やテキストはもともと自由に変えられるのですが、今回は、キャンペーン内容に合わせて、順序も工夫しています。通常の「Web de スクラッチ」は、まずメールアドレスを入力して、そのあとスクラッチ、という流れです。今回は「友だち獲得」がLINEでのキャンペーンの目的でしたので、最初に『友だち追加』をした後、スクラッチをしていただき、当選者のみメールアドレス入力、という流れに変更しました。

「Web de スクラッチ」は、参加する側としては、スクラッチを削るという動きがあって、参加すること自体が楽しい。そして、キャンペーンを企画する側としては、参加率の高いデジタルキャンペーンが実施できるうえに、かなりのカスタマイズもできます。こういった、どちらにとってもメリットのあるツールを、今後も開発してご提供していきたいです。

豪華プレゼントが当たる!「SPUR PLAYLAND」キャンペーン

キャンペーンサイト:https://spur.hpplus.jp/special/spurplayland2016/
期間:2016年9月23日(金)~10月21日(金)
雑誌「SPUR」の公式ウェブサイト「SPUR.JPhttps://spur.hpplus.jp/)」では、既存のデジタルオーディエンスへの感謝と新規ファンの獲得を目的としたキャンペーン「SPUR PLAYLAND(シュプール・プレイランド)」を開催します。InstagramTwitter公式LINEプッシュメッセージのフォロワーになり、テーマ投稿やリツイートを行うと豪華アイテムが総勢104名に当選。スマートフォンでキャンペーンページにアクセスすると、カードがシャッフルされる加速度センサーも導入されています。

【SPUR.JP(https://spur.hpplus.jp/)について】
2016年1月のリニューアル以降、デジタルメディアとしての躍進を続ける「SPUR.JPhttps://spur.hpplus.jp/)」は、1400万PVを突破し、ユーザー数は150万人を超えて急成長中です。SPURが保有するデジタルチャンネルのSNSはもちろん、デジタルオーディエンスの拡大計画に、新たに“公式LINEhttps://line.me/ti/p/%40spur)”やウェブブラウザでの“プッシュメッセージhttps://spur.hpplus.jp/special/pushmessage/)”が加わり、ファッションとデジタルも共にトレンドの先頭を行く雑誌『SPUR』(集英社)の公式ウェブサイトです。

【雑誌『SPUR』について】
cover_img01
創刊27周年記念特大号となるSPUR11月号(9月23日発売)では、SPURらしい"かわいい"を表現するため、特集でもモデルを務めた萬波ユカがカバーに初登場! 日本人モデルがSPURのカバーを飾るのは久しぶりですが、今や世界のトップモデルたちと肩を並べ、モデルになって一年とは思えない活躍で世界中を駆け巡るアップカミングガールは、とびきりモードに、そしてリアルに共感できる表情で今回のテーマを体現。上気する肌と呼応するような美しい色合いのドレスをまとって、今一番の"かわいい"顔が目印の『SPUR』最新号をお買い逃しなく。
https://spur.hpplus.jp/magazine/

関連リンク

Web de スクラッチ

WEB上にて、スクラッチ体験を可能にした、簡単3Stepsのキャンペーンツール
「Web de スクラッチ」は、簡単3stepsのスクラッチ体験を可能にしたキャンペーンツールです。最短3日で作成可能。簡単に参加できるため、参加率や拡散力が高まり、集客コストも抑えられます。O2O施策としても大変効果的です。
https://www.addix.co.jp/web-de-scratch/

記事やサービスについてお気軽にお問い合わせください。

は必須項目です。

お名前は必須項目です。

フリガナは必須項目です。

会社名は必須項目です。

メールアドレスは必須項目です。

お問い合わせ内容は必須項目です。

下記「個人情報の取扱いについて」に同意の上お問い合わせください

個人情報の取扱いについて

1.事業者の名称
 株式会社ADDIX

2.個人情報保護管理者
 経営企画室 室長

3.個人情報の利用目的
 お預かりした皆様の個人情報は次の目的のみに利用します。

  • • お問合せへのご対応
  • • 企業情報登録
  • • 弊社サービスのご案内

4.第三者への提供
 当社がお預かりした皆様の個人情報は以下の場合を除き、第三者への提供は行いません。

  • • ご本人の同意がある場合
  • • 法令に基づき情報の開示が要求される場合
  • • ご本人を含む第三者の生命、身体、財産の保護が必要であり、かつご本人の同意を得ることが困難な場合

5.個人情報の委託
 個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、当社が規定する個人情報管理基準を満たす企業を選定して委託を行い、適切な取り扱いが行われるよう監督します。

6.お問い合わせの回答に関して
情報のご提供は任意ですが必要な情報をご提供頂けない場合は、最適な回答ができないことがあります。

7.開示等の請求先

個人情報お問合わせ窓口担当
経営企画室 室長
TEL:03-6427-7621 FAX:03-6427-7622
電子メール:privacy@addix.co.jp

以上

上記「個人情報の取扱いについて」にご同意頂ける方は「同意する」を選択して進んでください。

お問い合わせ内容確認画面

お問い合わせ有難うございました。

この度は、BWRITEにお問い合わせいただき、誠に有難うございます。
内容を確認後、改めて担当者よりご連絡差し上げますので、今しばらくお待ちいただきますよう、お願い申し上げます。
※回答には2営業日程度お時間を頂戴する場合がございます。

RECOMMEND