40代アラフォーが聞く、「20代はスナチャ、どう使ってる?」 Snapchat女子座談会

(写真:向かって左から、プランニングユニット・岩橋、プロダクト&サービス開発事業部・水戸、プランニングユニット・田中、ソーシャルメディアユニット・半間。)

海外のティーンに大流行中の、写真共有アプリ「Snapchat(スナップチャット)」。米Bloombergは、今年6月2日(現地時間)、「Snapchat」を毎日使っているユーザー(DAU)数が1億5000万人を超えたと報じました。

日本でも今年に入って、多くの有名人がSnapchatを使った自撮り画像を公開したのをきっかけに、一般に広く知られるようになってきました(※1)。若い世代ではかなり流行っているとも聞きますが、筆者のようなアラフォーの大人世代には、ダウンロードはしたものの、楽しさがいまひとつピンとこないところがあります。

そこでBWRITEでは、社内の20代女性Snapchatユーザーを集めて座談会を開催。彼女たちに、Snapchatの利用状況について話してもらい、あわせて、Snapchatの今後の可能性についても考えていきたいと思います。(BWRITE編集部 松本)

<座談会参加者> ※◇印・・・ヘビーユーザー◇印・・・ライトユーザー 
(年令、所属、Snapchat利用歴は、座談会開催日時点のものです。)
◇ 田中(以下T)
プランニングユニット所属。神奈川出身の25歳。入社2年目。Snapchatは2015年夏頃から利用。ヘビーユーザー。
◇ 岩橋(以下I)
プランニングユニット所属の新入社員。和歌山出身の22歳。Snapchatは2015年夏頃から利用。ヘビーユーザー。
◇ 半間(以下H)
ソーシャルメディアユニット アシスタントディレクター。東京出身の24歳。今年春よりSnapchatを始める。ライトユーザー。
◇ 水戸(以下M)
プロダクト&サービス開発事業部所属の新入社員。神奈川出身の22歳。数ヶ月前にSnapchatを始めたばかり。ライトユーザー。
■司会進行:BWRITE編集部 松本(以下B)
千葉出身の44歳。仕事の情報収集のために、最近Snapchatを始めたばかり。

(※1)参考記事:
http://did2memo.net/2016/03/28/snapchat-dog/

ごはんから旅行まで!気軽に動画を送りあって、コミュニケーション。

01_s

B まず、皆さんのふだんのSnapchatの使い方から、お聞きしたいと思います。
どういう時に、どんなふうに使っているんですか?

I 私は、ひまな時とかに「ご飯、食べてます!」とか、割とどうでもいいようなことを友だちに送ってます(笑)

T 私も、友だちと動画でコミュニケーションをとっています。イベントのときにもよく使います。旅行とか、友だちの誕生日会とか。送らないで、撮るだけの場合もありますよ。

B ストーリー(※2)にアップするのではなく、お友だちと送りあっているんですね。
ところで、Snapchatを使い始めたきっかけって、なんでしたか?

T 私は、最初は海外の人のSNSですね。去年の夏頃、面白そうだと思ってダウンロードして、友だちに広めました。始めたのは社会人になってからです。

I 大学の友だちに誘われて。すぐに周り中に広まって、みんなで送りあうようになりました。

H 私の場合、きっかけはインスタです。フォローしてる人のインスタで「犬」とかの動画を見て、面白そうだと思いました。

M 私は、岩橋さんに声をかけてもらって(笑)、始めて数か月くらいです。
まだ岩橋さん含めて、2人しかフレンドがいないんですが、今後増えそうな気がします!
友だちと会った時に、Snapchatを使うとすごく盛り上がるんですよ。レンズ機能(※3)が楽しいですね。

T Snapchatって、使うと盛り上がりますよね!いつでもどこでも誰とでも、気軽に話題に出来るというか。私も、母にも教えて一緒に盛り上がってます。

03

(※2)ストーリー(Stories):
撮影したスナップをストーリーに追加すると、フレンドは24時間無制限で閲覧することができる。24時間経つと消滅する。公開範囲の設定も可能。

(※3)レンズ機能(Lenses):
顔認識機能を用いた、自撮り画像の加工機能。撮影中の動画に、口から虹、犬の顔の口から舌、などのエフェクトをリアルタイムで追加してくれる。

02

(※撮影中の自撮り動画に、エフェクトをリアルタイムで追加してくれる「レンズ機能」。顔やパーツの動きに合わせて、エフェクトも変化する。)

20代ユーザーたちは、気軽にSnapchatでのコミュニケーションを楽しんでいます。よく使うのは、自撮り画像にエフェクトを追加してくれる「レンズ機能」。カメラアプリとして利用することもあるようで、面白い動画や写真を撮って、送りあったり画面を見せあったたりして盛り上がっているようです。

顔交換、テレビ電話、地域限定フレーム?!隠れた楽しい機能がたくさん

B 皆さんの中で流行っているものとか、おすすめの使い方などはありますか?

I 最近は、「顔交換」(※4)ですか?顔を交換した画像をよく見ます。顔の形や筋肉はそのままで、男の子の顔と女の子の顔が入れ替わってたりして、すっごく気持ち悪いんですよ(笑)
(岩橋がレクチャーしながら、松本と顔交換を実演)

B わ、ほんとだ! なんだか不気味ですね・・・(笑)。こんなこともできるんですね。

07

(※岩橋、松本が顔交換を実践!なんとも微妙・・・。 左:交換前、右:交換後)

I 面白いですよねぇ(笑)
あと、偶然見つけたんですけど、同時に送り合うとテレビ電話になるんです。
(今度は、水戸と2人で同時に送りあって実演)

T (田中も半間とテレビ電話を実演)やだ、なにこれ楽しい(笑)

04

T 位置情報をオンにして写真を撮ると、その場所限定のフレーム(=ジオフィルター ※5)が出てくるのも面白いですよ。いろいろ変わるので、ついチェックしちゃいます。

B 場所限定のフレームって、どうやったら出るんですか?

T ここ(=表参道)も出ますよ。やってみましょうか。まず写真を撮りますよね。(実演してくれる)そしたら…そのまま横にスクロールすると…出ます!

05

(※「表参道」のジオフィルター例。ADDIX社内で撮影。)

B (真似してやってみる)・・・あ、できた!やってみると簡単ですね。これは、旅行中の人にもいいかも。旅先の記念になりそうです。
若い人だと教え合ってできますが、私のようなオバサン世代だと周りは誰も知らないので、いつまでたっても上達しない(笑)

T Snapchatって、初回登録の時もアプリ上では特に詳しい説明はされないんですよね。誰かひとり詳しい人がいれば、教え合えるんですけど。

I それが充実すると、いろんな世代の人がもっと楽しめるようになるかもしれませんね。

B ところで皆さん、使っているのは動画や写真の機能だけですか?閲覧などは何かしていますか?

T 私は、芸能人の方の投稿を見たりします。ハワイが好きなので、長谷川潤さんを。

I 私も、芸能人の方の投稿見てます。中村アンさんとローラさんをフォローしてます。

B お2人とも、すでに芸能人の方のSnapchatをチェックしてるんですね!
Snapchatをやっている芸能人の方が、もうそんなにいるなんて知りませんでした。

(※4)顔交換(Face Swap):
顔認証技術を用いたライブフィルターの一種で、カメラで撮影している2人の人物の顔が入れ替わるもの。顔交換が出来るアプリとしては、Snapchatの他に、「MSQRD(マスカレード)」「SNOW(スノー)」などの自撮り動画カメラアプリや、「2 Faces Swap」などの顔交換アプリがある。

(※5) ジオフィルター(Geofilters):
位置情報と連動し、地域限定で表示されるフォトフレーム。企業、個人などが購入し、イベント開催、ビジネス用途などでロゴや商標入りのフィルターを提供することも可能。

Snapchatは、スマホ上での操作説明はあまり詳しくありませんが、使い方そのものは非常にシンプル。友だち同士で集まって遊びながら教えあえば、一気に上達する上に、とても楽しく過ごせるようです。お互いに教えあって盛り上がる様子からは、Snapchatの広まり方がリアルにイメージできました。また、よく使う2人は、Snapchatで芸能人の投稿を見て楽しんだりもしているようです。

投稿が消えるのは「気楽でいい」。でも、「残らないと困る」し、「残したい」?!

B そもそもSnapchatは、送ったり受け取ったりした写真や動画が、10秒以内で設定された閲覧時間を終えると消滅してしまう、というのが特徴です。
画像が消えるから気軽でいいという声も聞きますが、皆さん、その点はどうですか?

M ただ見せたいだけっていう時に、Snapchatは素敵だと思います。「いいね!」の数を気にしちゃうところがあるので。

I 確かに気楽ですね。Snapchatだと、おしゃれかどうかとか気にしないで送れますし。

06

H 私は、消えちゃうのはちょっとイヤですね。自分の投稿を後で見返したいので。
Facebookやインスタは、思い出を残していっているようなものだなと感じています。

B 確かに、思い出共有用のアルバム的な使い方はSnapchatにはできませんね。
ところで、海外ではSnapchatをメインの連絡ツールとして使っている若者もいるようなんですが(※6)、皆さんの周りで、そういう使い方をしているという話はありますか?

(※6)参考記事
http://www.sensors.jp/post/yukako_yoshida.html

M Snapchatを連絡ツールにですか?聞かないですね。みんな連絡はLINEです。

I 大事な会話はSnapchatではできないです。消えちゃうし。
会話が広がっても、「あれ? 何の話してたっけ」と、途中からLINEに変えたりします。

T Snapchatは、連絡ツールというより、コミュニケーションツールですよね。
送りあって楽しめる機能が、Snapchatはとてもよく作り込まれていると感じます。
そういう意味で、これからどうなるのかはすごく楽しみですね。

Snapchatの特徴でもある、投稿が消滅するという仕組み。「いいね」の数を気にせずに気軽に送れていいという声もある半面、20代女性にとっては、友だちとの会話や自分の投稿は残したい、というニーズもあるようです。

Snapchatは、ふだんのSNSに追加する「面白ツール」。日本での普及は未知数。

座談会参加者の、誰でも手軽に盛り上がれるツールとしてのSnapchatへの評価は、かなり高いようでした。実際、その使い方はとても簡単。やり方を教えてもらえれば、アラフォーでSnapchatビギナーの私でも、簡単に楽しむことが出来ました。

しかしながら、複数のSNSを使いこなす20代女性にとって、Snapchatは今のところ、ふだん使いのSNSにプラスして使う「面白ツール」の1つ。気負わず手軽に楽しめる反面、Snapchat最大の特徴である「一定時間で消滅する」という機能が、連絡ツールや思い出共有ツールとしての利用を妨げているという話も聞かれました。

Snapchatは、今年7月から、ユーザー自身が撮影した「スナップ」や「ストーリー」を、アプリ内に保存できる新機能「メモリ(Memories)」を追加(※7)。Snapchatはこの機能により、自分の思い出を残したいニーズにも対応できることとなり、その可能性はさらに広がりそうです。

動画によるコミュニケーションは、今後ますます活発になっていくと予想されます。この8月2日には、日本でも若い女性を中心に人気のInstagramが、Snapchatの「ストーリー」同様に、投降後24時間で消滅する動画が投稿できる新機能「インスタグラムストーリーズ」を発表しました(※8)。そういった流れの中で、動画コミュニケーションを楽しむ機能に特化したSnapchatが、日本でどのようにさらなる普及を目指していくか。今後の展開に注目です。

(※7)参考記事「ITmedia ニュース」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1607/07/news069.html

(※8)参考記事「DIGIDAY」
http://digiday.jp/platforms/instagram_stories_release/

(関連記事)
LINEのビジネス活用成功のコツは、「個」への目線 ?! マーケッター女子座談会(3)
「利用アプリは20代でも全然違う?!」マーケッター女子座談会(2)
20代以下は「もっとも楽しいのはインスタ」!「SNSと女性についての意識調査」

※BWRITEが実施した調査についてのご質問、調査レポートのご希望は、ADDIX「問い合わせフォーム」(https://www.addix.co.jp/services/#contact)より、プルダウンで「BWRITE(ブライト)」を選択してお問い合わせください。

 

関連リンク

ADDIX

ADDIX ソーシャルメディアユニット

ソーシャルメディア企業アカウントの企画から運用、広告配信、PDCAサイクルまでをトータルサポート。ソーシャルメディアを活用した最適なユーザーコミュニケーションをご提案します。
https://www.addix.co.jp/contact/

 

RECOMMEND