TevaをDIYして、SNSでシェア! 体験型イベント「#TevaDIY」キャンペーン[マーケッター女子取材編]

いまや、女性たちの夏の定番アイテムとなったスポーツサンダル。履き心地はもちろんのこと、夏らしくおしゃれなルックスも人気の理由です。その中でも高い人気を誇るのが「Teva(テバ)」です。

今回、BWRITEでは、自分だけのTevaが作れる話題のイベントを体験取材。入社2年目のサーファー女子・田中夏子と、4月入社のピカピカ新入社員・岩橋ありかが、TevaのDIYを初体験してきました。

main

この体験型イベントは、昨年アメリカでスタートしたグローバルプロモーション「#TevaDIY」の一環として開催。日本では今年4月下旬から東京都内と横浜で展開。ハッシュタグキャンペーンも同時に行われ、SNSとリアルを巻き込んだ一大キャンペーンとなっています。

DIYスペースは、まるで秘密基地!デコ素材は好きなだけ使ってOK。

今回取材におじゃましたのは、5月14日(土)に行われたROSE BUD渋谷店でのイベント。自分で自由にDIYして、世界にひとつだけのTevaを作ることができます。

02-2

店内のDIYスペースには、フリンジやワッペン、ビジューなど、色とりどりのデコ素材がたくさん。素材は、好きなだけ自由に使ってOK。スペースの周りには、おしゃれなディスプレイが施され、見ているだけでワクワクしてくるような空間となっていました。

03

Tevaを選んで、デザイン決め。センスが問われる最大の難関!

席に案内されると、まずは店内の商品から今回DIYするTevaをセレクト。

04

豊富なラインナップの中から、今回2人が選んだのは、スタイリッシュな厚底タイプの「FLATFORM UNIVERSAL(フラットフォーム ユニバーサル)」。田中は黒を、岩橋は白を選びました。

05

サンダルが決まると、次は、DIYのデザイン決めです。用意された素材を手に取り、どんなDIYにするかについて、わいわい会話する2人。どの素材もかわいくて、ついつい、いろいろ使いたくなってしまう様子。

06

気に入った素材をピックアップし、サンダルに置いてデザインを考えます。

困ったらスタッフがフォロー。初めてでも楽しめて安心!

「ここにテープをつけるとはけないかも。どこまで貼るのが正解?」と悩む岩橋に、手で持つところは確保してくださいね、とスタッフさんがアドバイス。初めてのDIYに戸惑う2人でしたが、スタッフの方が親切にフォローしてくれて心強かったようです。

07

田中も岩橋も、やっと作りたいイメージが固まってきたようです。

いよいよ、デザインが決定。ひたすら作業に没頭!

試行錯誤の上、ようやくデザインが決定。いよいよDIY作業のスタート。手元に意識を集中し、黙々と作業にうちこむ2人です。

08

デザインが固まると、さくさく作業が進みます。接着剤をつける器具の使い方も、だんだんと板についてきました。

09

岩橋、ほぼ完成!ですが、なっとくのいかない表情。ストラップに結び付けた布を取り、他の色を手に取って試します。

「夏子さん、どっちのほうがいいですかね?」
「う~ん・・・青と白?」
「じゃあ、青と白にします!」

相談しながら進められるのも、DIYイベントの楽しいところです。

ついに、世界にひとつだけのオリジナルTevaが完成!

お店に入ってから、約1時間半が経過。ついに、2人それぞれのオリジナルTevaが完成しました。2人の個性を反映して、出来上がったTevaはかなり違ったものになったようです。

田中は、かっこいい印象の黒が際立つクールな作品に。シンプルコーデに合いそうな、大人なDIY。

10

岩橋は、白いサンダルの夏らしさを生かした、ガ―リーなDIYに。内側にさりげなくつけられたワッペンが、かわいらしい雰囲気です。

11

今回DIYイベントを体験した2人に、感想を聞いてみました。

12

「楽しかったです。友だちと来て、作りながら写真を撮って、
SNSにシェアしながら参加したら、もっと楽しそうですね。
SNSに載せて、友達に見せたいです。」(田中)

「話しながら作れて、楽しかったです。
スタッフの方がいろいろ教えてくれたので、なんとか完成できました。
Tevaは、もちろん知ってましたが、自分ではまだ買ったことが無かったです。
今年は、ガンガン履きたいと思います。」(岩橋)

2人とも、DIYを体験したことで、Tevaへの愛着が増したようです。

DIYしたTevaは、SNSで友だちにシェアして思い出に。

DIYイベント終了後には、田中も岩橋もInstagramに自作のオリジナルTevaを投稿。今回の体験をフォロワーにシェアしたようです。

13

「体験」と、SNSでの「体験のシェア」。効果的なサイクルを生むプロモーション。

実際にTevaのサンダルを購入したユーザーが対象である、今回のDIYイベント。手間と時間をかけた「体験」により、Tevaへの愛がより深まる、とても効果的なプロモーションに思われます。

今回、同時にハッシュタグキャンペーンも行われていますが、女性の心理をたくみにくすぐる有効な仕掛けではないでしょうか。女性は「世界にひとつだけ」に弱いもの。そして、がんばって作った作品はSNSに載せたくなるもの。おしゃれで季節感あふれる、Tevaならばなおさらです。

「モノ」よりも「コト」が求められるようになり、「体験型イベント」の重要性はますます増しています。商品の魅力を、どのように女性たちに「体験」させるか。今回のTevaのDIYイベントが、ひとつのヒントになりそうです。

【「#TevaDIY」キャンペーン】
「自らの手によってカスタマイズすることで、 自分らしさを自由に表現し、 世界でたった一つのサンダルを創りあげるワクワク感を体験してほしい」という思いから、 スポーツサンダルとして初のDIYキャンペーンを去年アメリカでスタート。この春、 日本に上陸しました。

公式サイト内のTeva DIY特設ページでは、国内外のファッショニスタ達によるTeva DIY作品を公開し、 これからDIYを始めたいと思っている人へのインスピレーションを提案。
ハッシュタグキャンペーンも開催中。できあがった作品を#TevaDIYでSNSに投稿して、
たった一つのスポーツサンダルを世界中のファンに披露できます。オンラインストア限定でTevaのDIY用のパーツセット「Teva DIY Kit」も販売中。

Teva DIY特設ページ
http://jp.teva.com/topics/tevadiy/

■Teva DIY Kit
TevaのスポーツサンダルをDIYできる、 オリジナルのDIYキット。 ゴールドとシルバーのスタッズ、 クリアストーン、 メタリックの油性マーカー、 ステンシルプレートが含まれます。
※Teva公式サイトにて限定発売
価格:¥2,500+税(税込 ¥2,700)

sub8

sub9

 

<取材協力>
ROSE BUD 渋谷店
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-23-18
ワールドイーストビル1・2F
TEL:03-3797-3290
営業時間:11:00-21:00
http://rosebud.co.jp/

 

RECOMMEND