クリスマスには「ロースト○○○」が食べたい!!食の専門家が選ぶ「冬の肉メニュー」

気がつけばクリスマスがすぐそこに迫り、年末年始にかけての冬のパーティシーズン目前です。パーティで食べるごちそうといえば、メインはやっぱりお肉をつかったメニュー。そこで、「冬に食べたい肉メニュー」について、食の有資格者の方々にアンケートでご協力いただきました。食の専門家が「冬に食べたい肉メニュー」とは、一体どういうものでしょうか。

チキン、ターキー、ビーフ!クリスマスには食卓が華やぐ「ロースト料理」

アンケートに答えてくれたのは、フードアナリスト、管理栄養士、フードコーディネーター、野菜ソムリエなど、食に関する資格を持つ50名の方々です。『「クリスマスパーティ」で、どんな「メニュー」で食べたいですか?』という問いに対して、「食べたい」肉メニューのランキング同率1位は「ローストチキン」と、「ローストターキー」でした。「ローストチキン」も「ローストターキー」も、クリスマスをイメージさせるメニューだけに、根強い人気があるようです。そして、3位は「ローストビーフ」。いずれも食卓がパッと華やかになる、見た目が豪華なロースト料理という結果になりました。

meat_Q5

それぞれのメニューを選んだ理由としては、「ローストチキン」については、「クリスマスらしいメニューで、切り分けながら食べることに特別感が生まれるため」(30代フードアナリスト)、「ローストターキー」では、「日本では、クリスマス以外目にすることがないので、この機を逃さず食べたい」(30代フードアナリスト・野菜ソムリエ)という、クリスマスらしさにこだわる意見があがっています。「ローストビーフ」を選んだ理由としては、「テーブルが華やかになるし、美味しい!」(30代フードアナリスト)など、おいしさを特に重視するコメントが集まりました。

なお、『「クリスマスパーティ」でもっとも食べたい「肉」はなんですか?』との質問に対しての答えは、1位「牛」(34.0%)、2位「鶏」(30.0%)、3位「七面鳥」(24.0%)という順に。2位の「鶏」と3位の「七面鳥」を合わせると、過半数がやはり“クリスマスにはトリ系のお肉”というイメージを持っているようです。

meat_Q4

一方、ほぼ3人に1人にあたる34%が、クリスマスに「牛」を食べたいと答えており、「牛」も高い人気を得ています。「牛」で食べたいメニューを見ると、食べたいメニュー3位の「ローストビーフ」のほか、「ステーキ」などの意見があがっています。

meat_Q5_beef

年末年始に食べたい肉は「牛」!「すき焼き」「ローストビーフ」など

それでは、年末年始に食べたい肉は何でしょうか。『あなたが「年末年始に家族や親族と集まった時」に食べたい「肉」はなんですか?』との質問に対する回答は、第1位「牛」(68%)、第2位「鶏」(16%)、第3位「豚」(12%)でした。 ここでは「牛」が7割と、高い人気のようです。

meat_Q7

その肉を『「年末年始に家族や親族と集まった時」に、どんな「メニュー」で食べたいですか?』との問いに対して自由にメニューを答えてもらったところ、1位は「すき焼き」、同率2位で「ローストビーフ」と「ステーキ」という結果に。上位3つには全て「牛」を使ったメニューがあがり、やはり「ごちそう」といえば「牛」というイメージが強いことが伺えます。

「すき焼き」と回答した人に理由を聞いたところ、「昔から年末年始に家族が集まるときはすき焼きを食べていたから。おいしい牛肉を使ったすき焼きは特別感もあり、みんなでワイワイできるのもポイント」(20代フードコーディネーター)というコメントが。また、「ステーキ」には「家族全員が好きなので、楽しく食事が出来るから」(20代アスリートフードマイスター)、「ローストビーフ」には「食卓が豪華になる」(30代JSFCA認定紅茶アドバイザー)という声があがりました。年末年始に囲む食卓では「楽しく」「みんなでわいわい」食べられる料理が人気のようです。

meat_Q8

女性の冬の冷え対策におすすめ!冬に効く肉1位は「牛赤身肉」

真冬に向かってどんどん寒くなっていく今の時季、「女性におすすめの肉」はあるのでしょうか。食材や栄養素に関する知識も豊富な食の有資格者の皆さんに、『乾燥や冷え性、血行不良などの女性の冬ならではのお悩みに、もっともおススメする「肉の種類」』を1つ選んでもらいました。結果は、1位「牛赤身肉」(32.0%)、2位「豚バラ肉」(12.0%)、3位「鶏もも肉」(10.0%)となり、「牛赤身肉」が冬に効くお肉としておすすめという声がもっとも多くあがりました。

meat_Q12

「牛赤身肉」をおすすめする理由としては、「たんぱく質たっぷりなので、栄養をしっかり摂ることで活力も湧いて、血の巡りも良くしてくれる」(40代フードコーディネーター)、「脂が少ない赤身は筋肉を作る働きがある。冷え性になりがちな女性は、筋肉を増やし血流をよくすることが大事」(30代フードアナリスト)と、血行不良による冷え対策にひと役かってくれるようです。さらに、「脂肪燃焼に効果が期待できるL-カルニチンが含まれるから」(20代管理栄養士)というコメントに見られるように、ダイエット効果も指摘されました。

また、2位の「豚バラ肉」は、「ビタミンB群を含んでいるため、代謝を促し、血行を良くするから」(30代フードアナリスト)、3位の「豚ロース」は、「ビタミンB6が豊富で女性ホルモンを正常に整える効果があるから」(30代JSFCA認定紅茶アドバイザー)との声が寄せられました。

さらに、その他回答として、「羊肉」「レバー」などが。「羊肉」には、「ラム肉がおすすめです。 高たんぱく・低カロリーだけではなく、ビタミンB群、鉄分、ビタミンA、必須アミノ酸が豊富に含まれています。身体を温める効果もあると言われているので、冷え性にもピッタリ!」(20代食品衛生責任者)、「レバー」には、「血行不良ならレバーがおすすめ。肝機能強化、疲労回復、眼精疲労緩和など、レバーを上手に摂ることは健康への近道です」(20代ダイエットアドバイザー)などのコメントが集まりました。

食の有資格者が考える、「肉」の「美容」「健康」への効果は?

ところで、「肉ブーム」と言われる昨今、テレビやインターネットなどでその美容効果を目にすることがありますが、食の有資格者は、肉の美容効果を意識して食べているのでしょうか。

『最近雑誌などでよく「お肉の美容効果」について目にしますが、あなたご自身は美容効果を意識して「肉」を食べていますか?』と質問したところ、回答結果は、1位が「『肉』は食べるが特に美容効果は意識していない」(52.0%)、2位が「美容効果を意識して『肉』を食べている」(44.0%)という結果に。約半数の人が美容効果を意識して『肉』を食べているようです。

meat_Q16

さらに「美容効果を意識して『肉』を食べている」とお答えの方に、『あなたが美容のために意識的に食べている「肉の種類」を教えてください。』と質問したところ、もっとも多かったのは「牛赤身肉」(27.3%)、次いで、第2位に「鶏ささみ」(18.2%)、第3位に「豚ロース」(13.6%)という結果になりました。

meat_Q17

1位の「牛赤身肉」には、「赤身肉には代謝をあげる作用や、ビタミンやミネラルが豊富に含まれるから。体も温まるので女性におすすめ」(30代フードアナリスト)、「赤味肉は栄養になり、肌のツヤに良いと聞いたから」(20代ソムリエ)といった声が。また、2位の「鶏ささみ」には、「ビタミンもとれるし低カロリーなので」(20代ダイエットアドバイザー)、3位の豚ロースには「豚肉に含まれるビタミンB群が、糖質の代謝を促してくれるから」(20代管理栄養士)などのコメントが寄せられました。

食の有資格者が「美容効果を意識して食べている肉」と、Q12の「女性の冬の冷え対策におすすめの肉」TOP3は、奇しくも同じランキング結果。「美容」と女性の「健康」には深いつながりがあるようです。

冬のパーティにぴったりで、美容効果や冷え対策も期待できる「肉」。そんな「肉」について、食の有資格者はどう思っているのか、最後に聞いてみました。

「肉を食べると太るというイメージがあるけれど、人間にとっては必要な食材。 健康のためにも、美肌のためにも重要な食材だと思う」(20代メディカルハーブコーディネーター)、「エネルギーの源というイメージだけではなく、女性に不足しがちな栄養素を豊富に含み、特に赤身は代謝をアップさせるので、ダイエットを意識する女性におすすめです」(30代フードアナリスト)。

そして極めつけは、「もちろん、食べ過ぎはよくないけれど、お肉は美味しい。食べると満足感と幸福感が高まって、心の栄養にもなります」(30代マクロビオティックセラピスト)という意見。来るべきクリスマス・パーティシーズンには、家族、仲間、パートナーと、幸福感の高まる肉メニューを楽しんではいかがですか?

text/田村未知

<調査概要>
「食の有資格者に聞いた『肉』についてのアンケート」(調査実施:BWRITE)
【調査実施期間】
2015年11月17日(火)~ 12月1日(火)
【調査対象・人数】
食に関する資格をお持ちの方 50名(有効回答)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【アンケート収集元】
共創コミュニティサービス「Skets」

※BWRITEが実施した調査についてのご質問、レポートのご希望は、問い合わせフォーム(https://www.addix.co.jp/services/#contact)より、プルダウンで「BWRITE(ブライト)」を選択してお問い合わせください。

関連リンク

Skets

Skets

生活者からのアイデアやスキルがいかせる共創の場「Skets(スケッツ)」
「Skets」では、栄養士、調理師などの食の資格を持った、発信力の高い会員が多数参加しています。食の有資格者に絞ったアンケート依頼、試食モニター、食品/飲食店のPRなど、様々ご対応可能です。

https://skets.jp/

RECOMMEND