女性は「彼や夫をもっとおしゃれにしたい」願望アリ?「男性ファッションについての意識調査」

「彼氏や夫のファッションをどう感じる? 」という質問に、女性は!?

11月も残りわずかです。街行く女性たちの装いも、秋から冬へと変わり始め、新しい季節の到来を感じさせます。クリスマスの買い物やパーティなど、カップルで出かけることも多いシーズンですが、実は「彼氏や夫のファッションがすごく気になる」女性が多いことをご存知でしょうか。

今年9月にBWRITEが行った調査「男性ファッションについての意識調査」によると、「男性パートナーのファッションについてあなたは日頃どう感じていますか?」(Q9)という質問に対して、「いつも同じような服装をしている」(1位)、「同じ系統の色ばかり着ている」(4位)、「たまには違うイメージの服にチャレンジしてほしい」(5位)、「コーディネートのバリエーションが少なすぎ!」(6位)などの声が多くあがっています。中には「結構ファッションセンスがいいと思う」(2位)という声もありましたが、目立ったのは、「ファッションが代わり映えしない」という声。パートナーの男性が「いつも同じような服装をしている」と回答した女性の割合は全ての年代で約4割を占めており、年代に関わらず第1位でした。

BAWRITE-mens-fashion-Q9

男性本人は、自分のファッションをどう感じている?

では、当の男性はどう感じているのでしょう。「男性パートナーは自分のファッションについて日頃どう感じていると思いますか。ご本人に聞いてお答えください」(Q10)という質問への答えを回答者の年代ごとに見ると、「同じような色の服ばかり買ってしまう」が20代で1位、30代で3位、40代で2位。「いつも無難なファッションをしてしまう」が、20代で2位、30代で1位、40代で4位。「俺っておしゃれ! ファッションに迷いなし」という“おしゃれ自認派”は、20代と30代では2位ですが、40代では3位でした。

BAWRITE-mens-fashion-Q10_age20

BAWRITE-mens-fashion-Q10_age30

BAWRITE-mens-fashion-Q10_age40

女性のファッションは次々と流行が変わります。男性ファッションにも、もちろん流行はありますが、女性ほどの大きな変化は見受けられません。その影響もあるのでしょうか、パートナーである女性はもちろん、男性本人も自分のファッションの代わり映えのなさを自覚しているようです。

いつも同じような服装といわれる彼氏や夫たちですが、そもそもファッションに興味があるのでしょうか。「男性パートナーは日頃どんなところの服を買っていますか?」(Q11)という質問に対して、全年代では「ユニクロ、GU、GAP、無印」が1位、「BEAMSなど国内セレクトショップ」が2位、「それ以外の国内ブランド」が3位という結果でした。男性が主に服を買うのは、店舗数が多く、価格的にも買いやすく、プライベートでもビジネスでも着られそうな“使い勝手のいい”ショップであることが多いと言えそうです。

BAWRITE-mens-fashion-Q11

ただし、回答者の年代別で見ると、20代のみ「BEAMSなど国内セレクトショップ」も同率1位でした。

BAWRITE-mens-fashion-Q11_age20

また、男性は、ファッションの情報を得るために「ファッション誌」を読んでいるのでしょうか。「男性パートナーはファッション誌を買っていますか?」(Q17)という質問の結果では、「ほとんど買っていない」「全く買ったことがない」を合わせると、約7割の男性がファッション誌を買っていないようです。

BAWRITE-mens-fashion-Q17

比較的ファッションに興味があると予想される20代女性のパートナーの男性でも、1位は同率で「ほとんど買っていない」「全く買ったことがない」(それぞれ30.3%)でした。ただし、「ファッション誌は買わないが、ネットで情報を得ることがある」(20代男性)という声も上がっています。

BAWRITE-mens-fashion-Q17_age

男性が頼りにするスタイリストは、彼女や奥さん

それでは、男性は服を買うときに何を参考にしているのでしょうか。2014年にBWRITEが実施した「女性から見た男性ファッションについての意識調査」(http://bwrite.biz/archives/7299)(※1)の結果を見ると、「彼氏または旦那さんが洋服を選ぶ際に、アドバイスを求められることはありますか?」 (Q7)という質問に対して、「アドバイスを求められたことがある」が78.8%。ほぼ8割の女性が、男性からアドバイスを求められた経験があるようです。

BAWRITE-mens-fashion-Q7_2014

では、アドバイスを求められることについて、女性たちはどう思っているのでしょう。同調査の「自分で彼氏または旦那さんのコーディネートをしたいと思ったことはありますか?」(Q8)に対する回答を見ると、「ある」が73.5%と、コーディネートをすること自体はむしろ望んでいる女性が多いことがわかります。男性パートナーの「いつも同じような服装」に不満があることが、「彼氏や夫をもっとおしゃれにしたい」という気持ちにつながり、彼氏や夫のファッションにアドバイスしたい理由になっているとも言えそうです。

BAWRITE-mens-fashion-Q8_2014

しかし、ファッションにあまり興味がない男性でも、本人の“いつものスタイル”が存在します。彼女や妻が、そのスタイルを「似合わない」「違う服を着てほしい」と思っていたとしたら、どうでしょう。

ズバリ言えない! 彼氏や夫への「似合わない」

昨年の同調査での「彼氏または旦那さんと洋服の好みが違う場合、変えてほしいときにどのように言いますか?」(Q10)という質問への回答によると、「それとなく伝える」が1位、「はっきりと言う」が2位、「好みの服をプレゼントする」が3位でした。

男性にとっては、少しショックな結果かもしれませんが、7割弱の彼女や奥さんは、パートナーのファッションの好みを丸ごと受け止めてはいないようです。
しかし、「その服は似合わない」とはっきり言うのは、いくらパートナーでも遠慮があるもの。そこで、女性は知恵を絞って彼氏や夫に分かってもらおうと努力しています。

この調査結果について、20代~30代の女性に聞いてみたところ、

「雑誌を見ながら『こういう服好きなんだよね』とそれとなく言う」(20代女性)
「一緒に買い物に行って、お互いに試着してコメントしあう」(30代女性)
「よさげな服を着ている時に『これいいね!』褒めたおす」(20代女性)
「一緒に買いものへ行った時に、私の好みの服を試着してもらって褒める」(30代女性)

といった声がありました。

また、「クリスマスや誕生日におしゃれな服をプレゼントする」(30代女性)という人も。さきほどご紹介した調査結果の3位「好みの服をプレゼントする」に相当しますが、この項目を含めると、実に8割強の女性がパートナーのファッションを変えさせるために、なんらかの意思表示をしているようです。

そこで、意思表示の方法について20代の女性に聞いてみたところ、

「彼氏が痩せて服のサイズが変わったタイミングで、古い服を捨てて、服の入れ替えに成功した」(20代女性)
「この服、古くなったから捨てようか? と、私の好みじゃない服をそれとなく捨てさせた」(20代女性)

といったエピソードも。時間をかけて、彼氏のファッションをモデルチェンジさせた計画派もいるようです。

男性は、女性から好みでない服をプレゼントされた時、「彼女や妻が自分の好みを知らない」のではなく、「いつもの服が似合わない」というメッセージだった可能性もありそうです。

ちなみに、30代、40代の既婚女性は夫のファッションをどう思っているのでしょうか。

「もう諦めています」(30代女性:既婚)
「もう今さら夫のファッションを変えようとは思いません」(40代女性:既婚)

といった、少々寂しい声が聞かれました。

今回の調査でも、「男性パートナーのファッションについてあなたは日頃どう感じていますか」(Q9)という質問に対して、40代では25.0%が「清潔感があれば、別にいいんじゃない?」と答えています。40代になると、もはやパートナーの服装に興味のない女性も少なくないようです。

男性の皆さん、パートナーの女性が、あなたのファッションについて指摘してくれるうちが花なのかもしれませんよ。

text/田村未知

<調査概要>
「男性ファッションについての意識調査」(調査実施:BWRITE)
【調査実施期間】
2015年9月14日(金)~ 9月21日(木)<8日間>
【調査対象・人数】
20代以上「Skets」会員女性 178名(有効回答)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【アンケート収集元】
共創コミュニティサービス「Skets」

(※1)
「女性から見た男性のファッションについての意識調査」結果レポート(2014年実施)
http://bwrite.biz/archives/7299

※BWRITEが実施した調査についてのご質問、レポートのご希望は、問い合わせフォーム(https://www.addix.co.jp/services/#contact)より、プルダウンで「BWRITE(ブライト)」を選択してお問い合わせください。

関連リンク

Skets

Skets

生活者からのアイデアやスキルがいかせる共創の場「Skets(スケッツ)」

「Skets」では、生活者からアイデアを集める「アイデア会議」のほか、ユーザーアンケートやモニター募集など、リアルな生活者の声を企業や自治体の活動に反映するための幅広い取り組みを行っています。

https://skets.jp/

RECOMMEND