「チェスターコート」が20代に人気!「コートについての意識調査」

11月も終盤にさしかかり、冬の足音が近づく今日このごろ。寒さとともに、本格的にコートが必要な季節がやってきます。毎年新たなトレンドが生まれていくコートですが、今年はどんなタイプが女性たちに人気なのでしょう。BWRITEでは、10月末~11月初旬にかけて、20代以上の女性234名にアンケートを実施。「コートについての意識調査」として結果をまとめました。

その結果、今回の調査に回答した女性の約半数が、今年コートを購入予定またはすでに購入済みと答えました。買いたいコートのタイプでは、年代別に大きな違いが見られました。若い世代ほど「チェスターコート」が支持を集め、年代が高いほど「ダウンコート」の人気が高いようです。また、「ダッフルコート」「ノーカラーコート」も、若い世代で人気のようです。

今年コートを買いたい場所については、「セレクトショップ」が25.7%で1位に。特に20代では、「セレクトショップ」が47.1%と、とても高い割合である一方、「デパート」との回答は5.9%にとどまっています。

購入予定または購入済みのコートのブランドでは、回答されたブランドは計54ブランドにものぼりました。プチプラからラグジュアリーまでさまざまなブランドの名前が挙げられています。その中で1位、2位を占めたのは、「UNIQLO(ユニクロ)」、「ZARA(ザラ)」といった、お手頃プライスのデイリーブランドでした。

【アンケート結果詳細】
半数の女性が今年コートを購入予定! 11月初めまでに購入済み9.4%

20代以上の女性に、今年のコートの購入予定について聞いたところ、約半数にあたる48.3%が「購入予定」または「すでに購入済み」と回答しました。11月はじめの調査時点までに「すでに購入済み」と回答したのは9.4%と、約10人に1人でした。

BWRITE-Skets-survey-winter-coat-awareness-Q1

年代別に見てみると、「購入予定+すでに購入済み」の割合は20代が60.7%で最も高いようです。トレンドに敏感な20代女性には、コートも今年顔に変えたい人が多いことが伺えます。

BWRITE-Skets-survey-winter-coat-awareness-Q1_age

今年購入予定/購入済みのコート、TOPは「ダウンコート」!

今年コートを購入予定/購入済みと回答した人に、どんなタイプのコートがほしいかをひとつだけ答えてもらいました。回答からは、人気のコートのタイプには年代別でかなり違っていることが明らかになりました。

まず全年代の合計を見ると、「ダウンコート」が23.9%でTOP。同数での2位には「トレンチコート」と「チェスターコート」(それぞれ14.2%)が入り、今年のトレンドのコーディガンなどの「ニットコート」(12.4%)、冬の定番「ダッフルコート」(10.2%)が続きました。

BWRITE-Skets-survey-winter-coat-awareness-Q2

20代では「チェスター」「ノーカラー」「ダッフル」が人気!

次に、年代別に人気上位3タイプを見てみましょう。20代では1位「チェスターコート」(29.4%)、2位に同率で「ダッフルコート」「ノーカラーコート」(それぞれ17.6%)となっています。30代では、1位「ダウンコート」(22.2%)、2位「トレンチコート」(19.4%)、3位「チェスターコート」(16.7%)です。40代以上では、1位「ダウンコート」(28.3%)、2位「トレンチコート」(15.0%)、3位「ニットコート」(13.3%)。年代が高いほど「ダウンコート」の人気が高く、若い世代ほど「チェスターコート」が支持を集めているようです。また今回の調査では、「トレンチコート」は30代の女性に最も人気でした。「ダッフルコート」「ノーカラーコート」も、若い世代に人気のタイプのようです。

BWRITE-Skets-survey-winter-coat-awareness-Q2_age

人気カラーTOP3は、「ブラック」「ベージュ」「グレー」!

今年購入予定/購入済みのコートの色TOP3は、1位「ブラック」(21.2%)、2位「ベージュ」(18.6%)、3位「グレー」(15.0%)でした。今年のトレンドカラー「カーキ」は11.5%で4位に。5位には「ネイビー」が8.0%でランクインしています。

BWRITE-Skets-survey-winter-coat-awareness-Q3

20代は「ブラック」、30代は「ベージュ」に人気が集中!

年代別に見ると、若い年代ほど「ブラック」の人気が高いようです。20代では、実に約3人に1人にあたる35.3%が「ブラック」と答えており、人気が集中しています。また、30代では「ベージュ」が27.8%で一番人気となっており、他の年代とは異なる傾向が見られます。40代以上では、「ブラック」「グレー」が16.7%の同率で1位ですが、いくつかの色に人気が分散しているようです。

BWRITE-Skets-survey-winter-coat-awareness-Q3_age

1着あたりの購入予算「2万円未満」が約半数!予算は抑えめ傾向

1着あたりの購入予算は、「2万円未満」が47.0%と約半数を占めています。選択肢別で見ると「5千円~1万円未満」が24.8%で最も多く、また、「6万円以上」を回答したのは7.1%でした。今年のコートの購入予算は、総じて抑えめのようです。

BWRITE-Skets-survey-winter-coat-awareness-Q4

今年コートを買いたい場所、4人に1人が「セレクトショップ」

今年コートを買いたい場所をひとつだけ答えてもらった質問では、「セレクトショップ」が25.7%で1位に。購入予定/購入済みと回答した人の4人に1人が「セレクトショップ」で買いたいと答えました。2位は「ファッションビル」(16.8%)、3位に「インターネット通販」(15.0%)が入っています。「デパート」は14.2%で4位でした。

BWRITE-Skets-survey-winter-coat-awareness-Q5

20代は半数近くが「セレクトショップ」で買いたいと回答

年代別で見ると、20代では「セレクトショップ」が47.1%と、とても高い割合になっています。30代では25.0%、40代以上では20.0%と、若い世代ほど、コートを買いたい場所として「セレクトショップ」の人気が高いようです。また、「ファッションビル」との回答も、20代が最も多く(23.5%)、30代22.2%、40代以上11.7%となっています。一方、20代では「デパート」との回答は5.9%にとどまっています。

BWRITE-Skets-survey-winter-coat-awareness-Q5_age

ブランドはプチプラからラグジュアリーまで!「ユニクロ」「ZARA」が人気

購入予定/購入済みのコートのブランドを自由回答で答えてもらったところ、1位は「ブランド未定/ノーブランド」でした。11月初めの時点でも、まだ特にブランドを決めていない人も多いようです。また、回答されたブランドは計54ブランドにものぼり、さまざまなブランドが挙げられました。その中で1位、2位を占めたのは、「UNIQLO(ユニクロ)」、「ZARA(ザラ)」といった、お手頃プライスのデイリーブランドでした。以下、「nano・universe (ナノ・ユニバース)」「Burberry(バーバリー)」「COACH(コーチ)」「GU(ジーユー)」など、プチプラからラグジュアリーまでさまざまなブランドの名前が挙げられています。

BWRITE-Skets-survey-winter-coat-awareness-Q6

新しいコートを着ることで、ちょっと新しい自分になれる女性たち

「今年もっとも買いたい」と回答したコートを着ることで、自分がどのように変わると思うかについて自由回答で答えてもらったところ、「おしゃれになる」という回答が1位でした。上位の回答を見てみると、「大人の女性っぽくなる」「出かけることが楽しみになる」「自分に自信が持てる」など、気分的な変化を答えた女性も多いようです。

BWRITE-Skets-survey-winter-coat-awareness-Q7

コートという1つの服を買って着ることで、少しだけ新しい自分になれたり、毎日がちょっと楽しくなったりする女性たち。今年らしいトレンドのコートをまとうことで、なりたい自分に変われるかも?!そんなちょっとした願いを込めて、女性たちはコートを手に取ったりするのかもしれません。

<調査概要>
「コートについての意識調査」(調査実施:BWRITE)
【調査実施期間】
2015年10月29日(木)~ 11月5日(木)<8日間>
【調査対象・人数】
20代以上の「Skets」会員女性 234名(有効回答)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【アンケート収集元】
共創コミュニティサービス「Skets」

※BWRITEが実施した調査についてのご質問、レポートのご希望は、問い合わせフォーム(https://www.addix.co.jp/services/#contact)より、プルダウンで「BWRITE(ブライト)」を選択してお問い合わせください。

 

関連リンク

Skets

Skets

生活者からのアイデアやスキルがいかせる共創の場「Skets(スケッツ)」

「Skets」では、生活者からアイデアを集める「アイデア会議」のほか、ユーザーアンケートやモニター募集など、リアルな生活者の声を企業や自治体の活動に反映するための幅広い取り組みを行っています。

https://skets.jp/

RECOMMEND