“すっぴん”でもきれいに見える?!今、女性が気になるNo.1パーツは「肌」。「秋冬コスメについての意識調査2015」

今、メイクのブームは“すっぴん風”!

今年のNY春夏コレクションで、マークジェイコブズのショーに登場したモデルが、アイシャドウやマスカラを使わない“すっぴん”風メイクだったことは、ファッション&ヘアメイク業界に衝撃を与えました。日本でも春から夏にかけては、TwitterやInstagramで素顔を公開する芸能人が増えるなど、今年は“すっぴん”“素顔”がトレンドのひとつになっているようです。

当然ながら、素顔風のメイクをするには、肌が美しくなければいけません。この秋、女性誌の表紙には「うるつや肌」「さらつや肌」「おフェロ肌」「もちプル肌」などの言葉があふれ、肌に特化したメイク特集が注目を集めています。また、BWRITEがこの10月に実施した「秋冬コスメについて」のアンケートでも、「あなたがメイクをする時、最も重要なパーツはどこですか? 」(Q9)との質問に、「肌」と答えた人は実に50.0%。20代、30代、40代以上と、どの年代でも第1位にあげられています。

BWRITE-Skets-survey-autumn-winter-makeup-cosmetics-2015-Q9

この秋、女性がなりたいのはどんな「肌」?!

では、今、女性がなりたいのはどんな「肌」なのでしょう。「あなたがこの秋、ベースメイクで叶えたいのはどんな肌ですか?」(Q11)という質問で、最も多かった答えは「自然な輝きがあるナチュラルつや肌」(41.3%)。第2位は「何も塗っていないかのようなすっぴん肌」(20.2%)、第3位は「色っぽくプルンとしたおフェロつや肌」(13.8%)でした。

BWRITE-Skets-survey-autumn-winter-makeup-cosmetics-2015-Q11

また、Q9で「肌」が重要だと答えた人にその理由をたずねると、最も多かった答えが「肌がきれいでないと、他を頑張っても台無しになるから」。次いで「肌がきれいだと全体的に美しく見えるから」という回答が得られました(Q10自由回答 自由記入)。

BWRITE-Skets-survey-autumn-winter-makeup-cosmetics-2015-Q10

ファンデーションは『自分をカスタマイズするツール』!

きれいな肌にするためには、コスメの力も必要です。同アンケートでの「この秋冬に購入予定のメイクアップコスメ」(Q5)の第1位は、やはり「ファンデーション」。20代は2位、30代も2位、40代以上は1位と、年代別に見ても1~2位という注目度でした。

ファンデーションと言えば、ひと昔前は、シミやシワを隠すためのものというイメージもありましたが、今はいろいろなブランドがお目見えし、商品のクオリティも上がっています。今やファンデーションは、“なりたい肌”を目指して自分をカスタマイズするツールとして、女性たちの期待が集まっているようです。

「肌がきれいだと全体の印象が変わってくるから」(Q10自由回答 第6位)とのアンケートのコメント通り、肌がきれいだと、その女性の全体的な印象が変わるのも確かです。その人の印象までもを変えてしまうのがベースメイクの力であり、それこそが女性がメイクをする楽しさでもあるのでしょう。

ちなみに、先日紹介したBWRITEの調査結果(※1)では、女性の3人に1人が、ファンデーションブラシを使用していました。すでに感度の高い女性たちは、ファンデーションやメイクグッズの力を借りて、自分の肌をなりたい肌にカスタマイズし始めているようです。

text/田村未知

<調査概要>
「秋冬コスメについての意識調査」(調査実施:BWRITE)
【調査実施期間】
2015年10月2日(金)~ 10月8日(金) <7日間>
【調査対象・人数】
20代以上の「Skets」会員女性 218名(有効回答)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【アンケート収集元】
共創コミュニティサービス「Skets」

(※1)
「メイクアップブラシについての意識調査」結果レポート
http://bwrite.biz/archives/10563

※BWRITEが実施した調査についてのご質問、レポートのご希望は、問い合わせフォーム(https://www.addix.co.jp/services/#contact)より、プルダウンで「BWRITE(ブライト)」を選択してお問い合わせください。

関連リンク

Skets

Skets

生活者からのアイデアやスキルがいかせる共創の場「Skets(スケッツ)」

「Skets」では、生活者からアイデアを集める「アイデア会議」のほか、ユーザーアンケートやモニター募集など、リアルな生活者の声を企業や自治体の活動に反映するための幅広い取り組みを行っています。

https://skets.jp/

RECOMMEND