3割が「ファンデーションブラシ」を使用中!「メイクアップブラシについての意識調査」

メイクの仕上がりに大きな影響を与える「メイクアップブラシ」は、多くの女性にとって欠かせない存在です。ここ数年「ファンデーションブラシ」が新たなメイク道具の定番として注目されていますが、では、実際どのくらいの女性が「メイクアップブラシ」や「ファンデーションブラシ」を使っているのでしょうか。10月初め、BWRITEでは20代以上の女性218名に対してアンケートを実施。「メイクアップブラシについての意識調査」結果レポートとして発表しました。

その結果、「メイクアップブラシを使用している」のは8割であり、3割が「ファンデーションブラシ」を使用中と回答しました。

現在使用している「ファンデーションブラシ」への満足度については、使用者の7割が「非常に/やや満足している」と回答。「非常に満足している」と回答した人の答えでは「手が汚れず、薄く均一につけられる」といった、仕上がりと便利さについてあげている回答が目立ちました。

一方、「どちらでもない」「あまり満足していない」と答えた人の回答では、肌悩みと関連した不満の声が目立ちました。今後さらに市場を拡大していくためには、1人1人の肌タイプや、お肌の悩みに合わせて商品を選ぶことが出来るような商品ラインナップが必要なのかもしれません。

【アンケート結果詳細】
「メイクアップブラシを使用」8割、6割は「チークブラシ」を使用中!

20代以上の女性にメイクアップブラシの使用について聞いたところ、回答者のうち「メイクアップブラシは全く使わない」と答えたのは15.1%でした。つまり、84.9%は「メイクアップブラシを使用している」と答えた計算になります。

今回の調査結果では、使用者の割合が最も多いのは「チークブラシ」で回答者の61.5%が使用しています。次いで、「アイシャドウチップ」(52.8%)、「アイシャドウブラシ」(48.2%)といったアイメイク用のブラシが続き、「フェイスブラシ」(33.0%)がその後に続いています。また、「ファンデーションブラシ」を使用していると回答したのは約3割(30.3%)。「リップブラシ」の25.2%を上回り、今や女性たちの間ですっかり市民権を得ていることがわかります。

BWRITE-Skets-survey-makeup-brush-awareness-Q1

女性たちの3人に1人が「ファンデーションブラシ」を使用中!

前問でも見たように、「ファンデーションブラシを使っている」と回答した女性は30.3%と、回答者の約3人に1人でした。「ファンデーションブラシ」を使用している割合は年代で差があり、年代が高いほど使用率が高いようです。40代以上では、34.1%が「使用している」と回答している一方、20代では「使用している」と回答したのは、19.4%と5人に1人程度でした。

BWRITE-Skets-survey-makeup-brush-awareness-Q3

BWRITE-Skets-survey-makeup-brush-awareness-Q3_age

ブラシで使うファンデのタイプ、「パウダー」が72.7%

「ファンデーションブラシ」を使用する時に使っているファンデーションのタイプでは、「パウダーファンデーション」が72.7%と圧倒的多数を占めています。次いで多かったのは、「リキッドファンデーション」(45.5%)でとなっています。

BWRITE-Skets-survey-makeup-brush-awareness-Q4

今使っている「ファンデーションブラシ」に「満足している」7割超

ところで、女性たちは「ファンデーションブラシ」の使い心地にどの程度満足しているのでしょうか?「ファンデーションブラシ」の使用者に満足度をたずねてみたところ、「非常に満足している」と回答したのは30.3%、「やや満足している」と回答したのが42.4%と、7割以上の女性が「満足している」と回答しました。

BWRITE-Skets-survey-makeup-brush-awareness-Q5

「仕上がりの良さと便利さ」が人気!「肌の悩みを隠せない」という不満も

「今使っているファンデーションブラシの満足度」について、具体的にそう答えた理由を答えてもらったところ、「非常に満足している」と回答した人の答えでは「手が汚れず、薄く均一につけられる」といった、仕上がりと便利さについてあげている回答が目立ちました。

一方、「どちらでもない」「あまり満足していない」と答えた人の回答では、「オイリー肌と加齢に答えてくれるものがあまりない」「毛穴が隠れない」など、それぞれが持っている肌悩みに対応したメイクアップ効果が薄い、といった不満の声があがっています。

女性たちのメイク道具の1つとして定着した「ファンデーションブラシ」。今後さらに市場を拡大していくためには、1人1人の肌タイプや、お肌の悩みに合わせて商品を選ぶことが出来るような商品ラインナップが必要なのかもしれません。

【「今使っているファンデーションブラシの満足度」自由回答抜粋】
☆非常に満足している☆
「手でつけたり、スポンジでつけるよりも綺麗につく上に、手も汚れないので満足しています!(30代/専業主婦)」
「薄付きで小鼻のワキやフェイスラインにも自然になじませられる!(20代/パート・アルバイト)」
「パウダーだとふわっとした仕上がりになるし、リキッドだとしっかりカバーしてくれるから(20代/専業主婦)
「痛くなく、均一に粉が乗るため。(40代以上/フルタイム勤務)」
「自然な仕上がりになる(40代以上/自営業・自由業)」

☆どちらでもない/あまり満足していない/全く満足していない☆
「艶があまり出ない(40代以上/無職)」
「刺激になってかゆいと感じることも多いので(30代/フルタイム勤務)」
「オイリー肌と加齢に答えてくれるものがあまりないと思う(40代以上/専業主婦)」
「毛穴が隠れない(30代/フルタイム勤務)」
「ブラシケースやポーチに収まらない。(30代/自営業・自由業)」

<調査概要>
「メイクアップブラシについての意識調査」(調査実施:BWRITE)
【調査実施期間】
2015年10月2日(金)~ 10月8日(木)<7日間>
【調査対象・人数】
20代以上「Skets」会員女性 218名(有効回答)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【アンケート収集元】
共創コミュニティサービス「Skets」

※BWRITEが実施した調査についてのご質問、レポートのご希望は、問い合わせフォーム(https://www.addix.co.jp/services/#contact)より、プルダウンで「BWRITE(ブライト)」を選択してお問い合わせください。

 

関連リンク

Skets

Skets

生活者からのアイデアやスキルがいかせる共創の場「Skets(スケッツ)」

「Skets」では、生活者からアイデアを集める「アイデア会議」のほか、ユーザーアンケートやモニター募集など、リアルな生活者の声を企業や自治体の活動に反映するための幅広い取り組みを行っています。

https://skets.jp/

RECOMMEND