セレブ御用達「スーパー・フード」が、世界の女性の「食」を変える?!

欧米では今「 スーパー・フード」に注目が集まっています。オランダで昨年2014年度に行なわれた調査結果によると、一般女性によるスーパー・フード利用率は、2013年までの1年間で11%から23%までに上昇しています。日本でも今年に入り、耳にすることが増えました。健康で豊かな生活を送るために欠かせない食材、ともよばれているスーパー・フードは、からだにいい物を食べるライフスタイルが定着した今、ヘルシーな毎日を過ごしたい人たちにとって必要不可欠なフードともいえるでしょう。

ミランダ・カーなどのハリウッドセレブがブームのきっかけに

現在のスーパー・フード・ブームを生んだのは、イギリスやドイツなどヨーロッパの国ぐにですが、実は1980年代にアメリカではすでに、オーガニックな健康食品としてアメリカの医師たちに奨励されていました。それから30年以上が経って、スーパー・フードにふたたび脚光が浴びるようになったのです。
火付け役は、ハリウッドに住むマドンナや、ミランダ・カーなどのセレブたち。無理なダイエットに頼らず、健康体でいながら美しいプロポーションを保ちたい!という願望を持ったセレブたちが、スーパー・フードを積極的に取り入れ始めたことがきっかけです。そして、彼女たちが発信する情報が世間に広まり、スーパー・フード・ブームを巻き起こした、といわれています。

▼オランダで昨年2014年度に行なわれた調査結果

人気食材は、カカオ、ココナッツ、チア・シード、アロエ、クコなど

スーパー・フードで人気があるのは、チョコレートの原料であるカカオを筆頭に、ココナッツ、チア・シード、アロエ、クコなどがあります。これらは、まったく馴染みのないものではありません。むしろ、これまでは気がつかなかったが、実はスーパー・フードだった、といえるようなものばかりです。これらスーパー・フードがブームを引き起こした背景には、外見のみならず、内面からキレイで健康になりたい、と考える人が増えた証拠といえるでしょう。また、一般人の食生活を含むライフスタイルをも変えた存在がスーパー・フードだ、ともいえるのではないでしょうか。

▼あなたの食生活に取り入れるべきスーパー・フードとその効果が記されたチャート。

もっとも効果的な食べ方は「普通の食材にプラスして食べる」!

それでは、スーパー・フードはどのようにして食べるのが1番効果的なのでしょうか?スーパー・フードを毎日摂取している男女10人(年齢20代から50代まで)に質問をしたところ、もっとも多かったのは、普通の食材にスーパ・ーフードをプラスして食べる、という答えでした。また現在、ドイツやオランダなどでもっとも人気ガ高いのは、ワカメなどの海草類だそうです。

▼普通の食材をスーパー・フードに置き換えるための早見表。なぜ、そうするべきかも記されている。

このブームに乗り遅れないよう、普通のスーパー・マーケットはもちろんのこと、大手ドラッグストアでも独自のブランドをつくり、スーパーフードを販売し始めています。果たして、このブームはどこまで続くのでしょうか。老いも若きも、健康の自己管理が当たり前になった今、ヘルシーなライフ・スタイルを促進するためのスーパーフード。今後、このトレンドがビジネス面においてどのような展開を見せていくのかが注目されます。

▼スーパー・フードはカテゴリに縛られず、
オーガニック食材や一般健康食品のカテゴリにも加えることができることから、
市場展開がしやすいと見られている。

text/K.Van.Willemskwartier

RECOMMEND