BWRITE

女性を知る。探る。活かす。

~「ヘアケアについての意識調査」結果を発表!~「季節によってヘアケアを変える」35.5% 冬場の保湿ケアが上位に、シャンプー「1,000円未満」が7割、商品選択では「美容・コスメ情報サイト」の情報を最重視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BWRITEでは、「ヘアケアについての意識調査」を実施した。対象者は、マーケティング特化型クラウドソーシング「Skets(スケッツ)」会員の20代以上の女性200名。実施時期は、今年8月末から9月初め。

■「シャンプー」ほぼ全員、「トリートメント」6割超 
「スカルプクレンジング」使用者は1割弱

9月初旬の調査時点で、現在使用しているヘアケア商品のアイテムを答えてもらったところ、「シャンプー」はほぼ全員が使用、「コンディショナー」は8割以上が使用していた。へアパック類を含めた「トリートメント」は、約6割が使用。また、ほぼ10人に1人に当たる9.5%が「スカルプクレンジング」を使用しており、スカルプケアが女性の日常的なヘアケアとして一定の層に取り入れられつつあるようだ。

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q2


■「季節によってヘアケアを変える」35.5% 冬場の保湿ケアが上位にあがる

季節とヘアケアとの関係については、「(季節によってヘアケアを)変える」と答えたのは全回答者の35.5%。「(季節によってヘアケアを)変えない」との声が多数派を占めた。「季節によって変える」と答えた人の中では、「冬場は、保湿効果の高いシャンプーに変える」が33.8%で最多。次いで「冬場は、トリートメントを追加する」(32.4%)、「冬場は、保湿効果の高いコンディショナーに変える」(28.2%)。冬場の保湿ケアが上位に挙がっている。

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q13-1

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q13-2

■“参考にする情報源” 「コスメ・美容情報サイト」が41.5%でTOP
ヘアケア商品の商品選択時に特に“参考にする情報源”では、 2位以下を大きく引き離して「コスメ・美容情報サイト(@cosmeなど)」が41.5%でTOP。次いで、「ショップ店頭」(27.0%)。以下、上位に「テレビCM」(24.0%)、「雑誌の記事」(15.5%)、「知人の口コミ」(14.0%)などが並ぶ。一方、「SNS」、「雑誌の広告」、「テレビ番組」は、それぞれ2.5%であり、ヘアケア商品選択時の情報源としてはあまり重要視されていないようだ。

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q11

■特に”重視したポイント” 「効果/効能」46.5% ヘアケア商品は実用性重視
現使用商品の商品選択時に特に”重視したポイント”では、「効果/効能」が46.5%で最も多かった次いで、「使い心地」が39.5%、「価格」が29.5%、「香り」が22.5%。「効果・効能」という具体的な商品の実力を大前提として、コストパフォーマンスと、「香り」や「使い心地」など実際に使用した時に感じる気持ち良さが重要視されており、ヘアケア商品の選択は実用性重視であることが伺える

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q10

■約半数がヘアケアに「傷みのケア」効果を期待 「良い香りになる」は2割
ヘアケア商品に主に期待する”効果”として、回答者の約半数にあたる50.5%が「傷んだ髪をケアする」と答えた。次いで多かったのは、「パサつきを防止する」で、38.0%。具体的な悩み改善を期待する声が上位に挙がった。同時に、3位には「良い香りになる」(22.0%)が挙げられており、5位の「髪に輝きを与える」(14.0%)と共にヘアケア商品にコスメとしての役割を期待する声も少なくない。また、「頭皮ケア」が15.5%で4位となっており、女性の一定層にスカルプケアが浸透していることが伺える。

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q12

■“購入チャネル” 「ドラッグストア」が60.5%と圧倒的多数
現在使用中のヘアケア商品の“購入チャネル”では、「ドラッグストア」が60.5%と圧倒的多数だった。次いで、「メーカー直営以外のショッピングサイト」(22.0%)、「スーパーマーケット」(14.5%)となっており、多くの回答者にとっては、ヘアケア商品の購入が日用品購入の一環として捉えられていることが伺える。一方、「美容院・サロン」での購入は8.0%、「メーカー直営店舗」での購入も6.0%あり、ヘアケア商品へのこだわりの度合いには人により大きな開きがあるようだ。

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q9

■“シャンプー”の“購入価格” 「500~1,000円未満」が37.6%でTOP 1,000円未満が約7割
現在使用中の“シャンプー”の“購入価格”については、「500~1,000円未満」が37.6%で最も多かった。次いで「300~500円未満」が25.4%。全体の7割近く(68.6%)が1,000円未満である一方、2,000円以上の商品の使用者も15.8%を占めており、価格帯には大きなばらつきが見られる

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q4

■現使用“シャンプー” TOPはP&G「PANTENE(パンテーン)」 7位に「john masters organics」
現在使用中の“シャンプー”の“メーカー”では、 12.7%(25人)で「P&G」と「花王」が同数でTOPにランクイン。9.6%(19人)の「資生堂」と「ユニリーバ・ジャパン」が同じく同数で続いた。
同、“ブランド”では、P&Gの「PANTENE(パンテーン) 」がTOPで7.6%が使用していると回答。資生堂の「TSUBAKI(ツバキ) 」と、ユニリーバ・ジャパンの「LUX(ラックス) 」が同数の7.1%で続き、さらに1票差で花王「エッセンシャル」が続いた。上位に国内外の大手メーカーが並ぶ中、メーカー、ブランド両方において、注目の海外オーガニックコスメ「john masters organics(ジョンマスターオーガニック)」が7位にラインクイン。人気を集めていることが伺える。

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q3-1

■使用中の“コンディショナー”の“購入価格” 「1,000円未満」が7割を超す
現在使用中の“コンディショナー”の“購入価格”については、 “シャンプー”とほぼ同じ価格帯分布である。「500~ 1,000円未満」が40.4%で最も多く、次いで「300~500円未満」が25.3%“コンディショナー”使用者の7割以上(72.3%)が 1,000円未満の商品を使用しており、シャンプー(同68.6%)よりも割合が高い。一方、2,000円以上の商品の使用者は12.0%。 “シャンプー”(同15.8%)に比べ、高価格帯商品の使用者が若干少ない傾向が見られる。

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q6

■使用中の“コンディショナー”の“ブランド”  TOPは「LUX」 8位に「L‘OCCITANE」
現在使用中の“コンディショナー”の “ブランド”では、ユニリーバ・ジャパンの「LUX(ラックス)」が9.0%でTOP 。花王「エッセンシャル」と、P&G「PANTENE(パンテーン)」が同数の8.4%で続いている。4位は資生堂「TSUBAKI(ツバキ) 」(7.2%)。8位にフランスの自然派アロマコスメメーカー「L‘OCCITANE(ロクシタン) 」がランクインしている
“メーカー”では、「P&G」が16.3%でTOP。2位「花王」(13.9%)、3位「ユニリーバ・ジャパン」(10.2%)となっている。7位には「L‘OCCITANE(ロクシタン) 」がランクイン。 8位の「john masters organics(ジョンマスターオーガニック)」とともに、海外高級自然派ヘアケアコスメの人気を裏付ける結果となった

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q5-1

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q5-2

■ “トリートメント”は、使用者の5人に1人が2000円以上の商品を使用
スペシャルケア商品である“トリートメント”の購入価格は、1,000円以上が6割近く(57.0%)を占めた。また、使用者の約5人に1人(22.0%)が2000円以上の商品を使用している。最も使用者が多い価格帯は “シャンプー” “コンディショナー”同様「500~1,000円未満」(33.3%)であるが、次いで「1,000~2,000円未満」が多く、23.6%となっている。

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q8

■使用中の“トリートメント”の“メーカー” 1位「P&G」 7位にサロン向け「ヘンケルジャポン」「ミルボン」
現在使用中の“トリートメント”の“メーカー”では、様々な名前が挙がったが、TOP3は、1位「P&G」(13.0%)、2位「ユニリーバ・ジャパン」(9.8%)、3位「資生堂」(8.9%)と一般大手メーカーがTOP3を占めた。 “トリートメント”ならではの傾向として、サロン向けメーカーの「ヘンケルジャポン」、「ミルボン」が、それぞれ7位(3.3%)に入っている。また「L‘OCCITANE(ロクシタン) 」が2.4%で11位に入った。

“ブランド”では、ユニリーバ・ジャパンの「LUX(ラックス)」がTOP(7.3%) 。2位はP&G「PANTENE(パンテーン)」(6.5%)、3位はP&G「h&s(エイチ アンド エス) 」、資生堂「TSUBAKI(ツバキ) 」(それぞれ5.7%)。 また、“シャンプー”、“コンディショナー”とは異なり、TOP11以内にサロン向けブランドである、ロレアル「ケラスターゼ(KÉRASTASE)」、ヘンケルジャパン「シュワルツコフ」、ミルボン「ディーセス」の名前が挙がっている

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q7-2

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q7-1

■「髪美人」な有名人 1位「仲間由紀恵」 “健康で美しい、長い黒髪”が高評価
最後に全員に「髪美人」と聞いて思い浮かべる有名人を自由に挙げてもらった。 2位以下を大きく引き離し、 1位には「仲間由紀恵」が。実に3人に1人(33.0%)が名前を挙げた。理由としては、健康で美しい、長い黒髪が似合う美人であること、ヘアケア家電のCMのイメージなどが挙げられている。「花子とアン」での好演で現在の注目度が高いことも、名前が多く挙がった要因の1つとして考えられる。2位は「綾瀬はるか」(6.5%)、3位は「栗山千明」、「黒木メイサ」(それぞれ4.0%)上位の多くが黒髪ロングヘア、かつ、ヘアケア関連のCMに出ている女優やモデルであり、CMが出演者本人のイメージに大きく影響しているようだ。また、多くの回答者が「髪美人」という言葉に「黒髪ロングヘア」で「髪がきれい」な「美人」というイメージを持っていることが伺える。

BWRITE-Skets-survey-hair-care-Q14

今秋、発売25周年のイベントも記憶に新しい「LUX」からノンシリコンの新商品も発売され、ますます熱が入るヘアケア市場。新商品の投入が相次ぎ、店頭に多数のヘアケアブランドがあふれている現状の中、商品選択時の情報源として、@cosmeなどの「コスメ・美容情報サイト」が重要視されており、多くの女性がヘアケア商品購入の際に、商品情報の収集や比較検討をしていることが伺える。

雑誌記事や、テレビCM、ショップ店頭でのセールスプロモーションと共に、プロモーションの一環として「コスメ・美容情報サイト」への情報提供、サイトと連動したキャンペーンなどを積極的に行っていくことが重要だと言えそうだ。

また、使用ブランドの調査では、多くのブランドを抱える大手メーカーのブランドが並ぶ中、自然派アロマコスメの「L‘OCCITANE(ロクシタン) 」と、オーガニックコスメの「john masters organics(ジョンマスターオーガニック)」が上位に挙がった。女性の間での、海外の高級自然派コスメ人気を裏付ける結果となっている。今後に注目したい。

===================================
【 調査実施期間 】
  2014年8月29日(火)~9月4日(月) <7日間>
【調査対象・人数】
 「Skets」会員の20代以上の女性 200名(有効回答)
【調査方法】
 WEBアンケート方式(計13問)
===================================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Recommend

おすすめ記事を PICK UP

Ranking

今月の人気記事ランキング

Service

サービスのご紹介

Skets

Sketsは、あなたのアイデアやスキルを商品/サービス企画に活かせる、マーケティング型クラウドソーシングサービスです。

FARO REPORT

Googleアナリティクスが導入されているサイトなら、FARO REPORT利用をして誰でもカンタンにアクセス解析レポートを作成できます。

パスりえ

最適なタイミングでプッシュ通知をユーザーへ届けるO2O集客サービス

フレトレ

キャンペーンの開催から、分析、ユーザーデータ管理まで可能なソーシャルメディアキャンペーンツール

Web de スクラッチ

WEB上にて、本物のスクラッチを削っているような体験を可能にしたキャンペーンツールです。アパレルブランド等の導入実績あり。

SITE FINDER

競合他社のWebマーケティング戦略を複合的な観点から継続観察できる、サイト比較・分析システム