BWRITE

女性を知る。探る。活かす。

~オーガニックコスメに関する意識調査~9割以上の女性がオーガニックコスメに興味あり!22.5%がすでに使用中。使用ブランドTOPは「john masters organics」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BWRITE-survey-analysis-top

BWRITEでは、「オーガニックコスメ」また関連して「アロマコスメ」に関する意識調査を実施した。対象者は、マーケティング特化型クラウドソーシング「Skets(スケッツ)」会員の20代以上の女性200名。実施時期は、今年6月。

■オーガニックコスメに興味あり 93.5%  22.5%が現在使用中

オーガニック化粧品を現在購入して使っていると回答したのは、22.5%全体の93.5%が、興味があると答えた。大多数の女性がオーガニックコスメに興味を持っており、注目していることがわかる。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q2

■現使用中のオーガニックコスメブランドTOPは「john masters organics」
現在購入して使用しているオーガニックコスメのブランドTOP3は、「john masters organics」「Jurlique」「WELEDA」と、海外ブランドが多く挙げられた。

使用者45名からは、ブランド名が50近く挙がり、使用ブランドの幅は広く、バラエティに富んでいる。しかし、挙げられたブランドの中にはオーガニックコスメではないブランドも含まれており、使用者でもオーガニックコスメの定義について詳しくないユーザーも見受けられた。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q3

■認知経路TOPは「雑誌」 続いて、「ネット検索」「店舗」「口コミサイト」も多し
使用中コスメの認知経路では、「雑誌」が42.2%でTOP。2位が「ネット検索」(37.8%)、3位が「店舗」(33.3%)。次いで、「口コミサイト」「ブログ」「知人の口コミ」がそれぞれ26.7%
検索や口コミサイト、ブログなどのネットや、店舗を通じて、積極的に商品情報を収集しているようだ。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q4

■購入決定の決め手は「ブログの評判」 決めたポイントは「効果/効能」
商品購入の決め手になったものとして、3人に1人(33.3%)が「ブログでの評判」を挙げた。次いで、「雑誌のレビュー」(28.9%)「口コミサイトでの評価」(26.7%)「店舗やサロンでのスタッフの説明」(24.4%)
レビューや評価、スタッフ情報など、信頼性の高い情報が購入決定に結びついている

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q5

購入の決め手になったポイントとして、7割弱(66.7%)が「効果/効能」を挙げた。次に、「配合されている成分」(57.8%)
オーガニックコスメを選ぶ多くの購入者は、イメージよりも効果や成分などで商品を選んでいることがわかった。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q6

■購入場所は「オーガニック専門店」「ネットショッピングサイト」がTOP
購入チャネルについては、「オーガニック商品専門店」「ネットショッピングサイト」が、ともに28.9%でTOP。僅差で「メーカーの直営店舗」(26.7%)が続く。次いで、「メーカーの直営サイト」(22.2%)
明確に商品を買う目的で訪れた場所(サイト、店舗)での、指名買いが多いことがうかがえる。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q7

■興味がある人「雑誌」でオーガニックコスメを認知 知っているブランドは「L’OCCITANE」
現使用者を除いたオーガニックコスメに興味がある人を対象に、認知経路を聞いたところ「雑誌」が67.7%と圧倒的なTOPとなった。次いで、「口コミサイト」(43.7%)「店舗」(27.5%)

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q8

知っているオーガニックコスメブランドを挙げてもらったところ、「L‘OCCITANE」がTOPとなった。以下、「john masters organics」「Jurlique」「Neal’s Yard Remedies」と続く。
一方、オーガニックコスメ使用者からは、「L‘OCCITANE」を挙げた人はいなかった。使用者と興味がある人とでは、オーガニックコスメに関する知識の差がやはりあるようだ。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q9

続いて、オーガニックコスメに関連して、香りが特徴とされる「アロマコスメ」に関する調査を実施。

■アロマコスメ使用者20.0% 88.0%が興味あり 使用TOPは「WELEDA」
アロマコスメを現在購入して使っていると回答したのは、20.0%全体の88.0%が興味があると回答。
オーガニックコスメに比べ、若干興味の度合いが低いものの、多くの女性がアロマコスメに興味を持っていることがわかった。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q10

現在使用中のアロマコスメのブランドでは、「WELEDA」「L‘OCCITANE」「Neal’s Yard Remedies」などが上位に挙がった。海外のブランドが多い中、日本国産を売りにしているブランドも挙げられた。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q11

■商品認知経路は「店舗」がTOP 多くが、そのまま商品の「香り」を試して購入
使用者のアロマコスメ商品の認知経路は、過半数の53.7%が「店舗」を挙げた。以下、「雑誌」(31.7%)「口コミサイト」(24.4%)「知人の口コミ」(19.5%)

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q12

商品購入の決め手となったものとして、53.7%が「店舗やサロンでのスタッフの説明」を挙げた。次いで、「店舗で見た商品の説明書き」が多い。
商品認知経路で「店舗」が最も多いことから、店舗で商品を知り、そのまま説明や商品情報を見て購入することが多いことがうかがえる。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q13

商品購入の決め手となったポイントでは、圧倒的多数の82.9% が「香り」と回答。次いで「効果/効能」(63.4%)
香りが重要なアロマコスメの商品決定には、実際に「香り」を確かめて気に入ることが重要なようだ。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q14

購入場所として、過半数の56.1%が「メーカーの直営店舗」を挙げた。「メーカーの直営店舗」の店頭で商品を知り、「香り」を試してそのまま購入していることが多いようだ。
2位以下の「メーカーの直営サイト」「ネットショッピングサイト」での購入は、香りを知っている商品のリピーター買いが中心になっているものと思われる。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q15

■アロマコスメに興味がある人「雑誌」で認知 認知ブランドTOPは「Neal’s Yard Remedies」
現使用者を除くアロマコスメに興味がある人に、認知経路を聞いたところ、最も多かったのは「雑誌」で55.1%。次いで、「店舗」(29.4%)「口コミサイト」(27.9%)となった。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q16

現使用者を除くアロマコスメに興味がある人に、知っているアロマコスメのブランドを聞いたところ、「Neal’s Yard Remedies」がTOPとなった。以下、「生活の木」「L’OCCITANE」「Jurlique」など。「ブランドはわからない」との回答も多く、興味はあるものの具体的なブランド認知にはいたっていない人も多い。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q17

■アロマブランドのコスメは「香りが良く」「癒される」反面、「効果が低い」イメージも
アロマブランドが出しているコスメについて、ポジティブ・ネガティブイメージを答えてもらったところ、ポジティブなイメージのTOPは「香りが良い」(29.5%)。以下、「リラックス出来る」「癒される」(ともに18.5%)「自然・天然・ナチュラル」(16.5%)と続く。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q18

一方、ネガティブなイメージは、「価格が高い」(26.5%)が最多。以下、「効果が低そう」(16.0%)「香りが強い」(9.0%)と続く。「成分・刺激が強い」(4.0%)、「匂いがあわないと使えない」「信頼できない」(ともに3.5%)などの回答もあり、商品の使用に、一定の注意が必要というイメージもあるようだ。

BWRITE‐Skets‐survey-organic-cosme-Q18_2

雑誌を中心に、取り上げられることが多くなり、取り上げられる数だけ認知が拡大しているといえるオーガニックコスメ。
今やヨーロッパ中心に、オーガニックコスメの領域が広がっており、日本国内では知られていないブランドも多くある。日本では、オーガニックコスメの定義がまだ定まっておらず、調査結果にもあったように、自然派化粧品とよばれるコスメもオーガニックと認識されている。
使用者の多くが、イメージよりも成分を決め手に購入していることは、一般的な化粧品と比べると、さすがオーガニックを選択するだけある結果だったといえる。

一方、香りが特徴であるアロマコスメは、オーガニックコスメ以上にまだまだ使用者は少ない。ただ、興味のある人はとても多い結果となり、今後の市場規模拡大も期待される。

「john masters organics」や「Jurlique」など、ブロガーや有名人も愛用するオーガニックコスメの他にも、日本国産であるオーガニックコスメは多々ある。オーガニックを使う理由は様々だが、なるべく自然なもので自然な肌を取り戻したいという意識の広がりが見られるほど、市場規模は大きくなるに違いない。

———————————————————————————————
【調査実施期間】
2014年6月12日(木)~6月20日(金) ‹9日間›
【調査対象・人数】
「Skets」会員の20代以上の女性 200名(有効回答)
【調査方法】
WEBアンケート方式(計17問)
———————————————————————————————

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Recommend

おすすめ記事を PICK UP

Ranking

今月の人気記事ランキング

Service

サービスのご紹介

Skets

Sketsは、あなたのアイデアやスキルを商品/サービス企画に活かせる、マーケティング型クラウドソーシングサービスです。

FARO REPORT

Googleアナリティクスが導入されているサイトなら、FARO REPORT利用をして誰でもカンタンにアクセス解析レポートを作成できます。

パスりえ

最適なタイミングでプッシュ通知をユーザーへ届けるO2O集客サービス

フレトレ

キャンペーンの開催から、分析、ユーザーデータ管理まで可能なソーシャルメディアキャンペーンツール

Web de スクラッチ

WEB上にて、本物のスクラッチを削っているような体験を可能にしたキャンペーンツールです。アパレルブランド等の導入実績あり。

SITE FINDER

競合他社のWebマーケティング戦略を複合的な観点から継続観察できる、サイト比較・分析システム