オーガニック化粧品、一番の効能は “幸せな気持ち”!?「オーガニックコスメについての意識調査2016」

Illustration by Saina Six, horizart.com

女性はオーガニック化粧品に興味津々!

女性にとって欠かせないもののひとつが化粧品。化粧品は流行も激しく、年代によっていろいろな商品が存在しますが、あまり流行に流されず、年代にもそれほどこだわらずに使用できるジャンルが存在します。それがオーガニック化粧品です。オーガニック化粧品とは、有機栽培された植物を主原料とするなど、世界各地の伝統的な自然療法に学び、安全性が高い天然成分を使おうという意図を持った化粧品のことを指します(※1)。

今年7月、BWRITEでは、20代以上の女性200名に対して「オーガニックコスメについての意識調査」を実施。まず「あなたは、オーガニック化粧品を購入して使ったことがありますか?」との質問に、「興味はあるが、購入して使ったことはない」(48.0%)、「興味があり、以前購入して使っていた」(29.0%)、「現在、購入して使っている」(17.5%)、「興味がなく、購入して使ったこともない」(5.5%)という声が上がりました。実に9割以上の女性が「購入したかどうかは別にして、オーガニック化粧品に興味がある」のは確かなようです。

(Q4 あなたは、オーガニック化粧品を購入して使ったことがありますか?)
<グラフ:全体>

organic_cosme_Q4

ところで、オーガニック化粧品への興味は、年齢によって差があるのでしょうか。アンケート結果によると「興味がなく、購入して使ったこともない」人は、20代で12.2%。30代で2.7%。40代で4.8%。ということは、購入したかどうかは別にして「オーガニック化粧品に興味がある人」は、20代で87.8%、30代で97.3%、40代で95.2%と、年代を問わず約9割存在することが分かりました。

(Q4 あなたは、オーガニック化粧品を購入して使ったことがありますか?)
<グラフ:年代別>

organic_cosme_Q4_age

買わなくなった理由は「価格が高い」から

ほとんどの女性が興味を持っているオーガニック化粧品ですが「以前購入して使っていたが、今は購入しなくなった」という人が約3割存在します。その理由は一体何でしょうか。

最も多かったのは「価格が高い」(51.7%)。そして「買う場所が限られていて買いにくい」(34.5%)、「あまり効果が感じられなかった」(27.6%)と続きます。実に約半数の女性が、オーガニック化粧品は通常の化粧品に比べて割高なことをあげています。確かに、オーガニック化粧品は天然成分を使うことが多いため、大量生産して価格を下げるというイメージからはほど遠いものがありますし、チェーン店のドラッグストアには商品があまり置いていないのも事実です。この結果から推測すると、「安くて手に入りやすいオーガニック化粧品があったら、やっぱり気になる」という女性も多いのではないかと言えそうです。

(Q13 オーガニック化粧品を「興味があり、以前購入して使っていた」方にお聞きします。
あなたが現在、オーガニック化粧品を購入して使っていない理由を教えてください。)
<グラフ:全体>

organic_cosme_Q13

女性がオーガニック化粧品に求めるものとは!?

市場にあふれる数々の化粧品の中から、オーガニック化粧品を選ぶ人が2割弱存在する(Q4グラフ)ということは、やはりオーガニック化粧品は“効果”があるのでしょうか。そこで、実際に使っている人に、使って何が変わったかを聞いてみました。

「オーガニック化粧品を使うようになって、使う前と比べて変わったと感じることは何ですか?」との質問に対して、「幸せな気持ちが増した」(45.7%)、「肌の状態が安定した」「肌質がよくなった」(ともに42.9%)、「体にいい生活を心がけるようになった」(40.0%)という結果が出ました。「幸せな気持ちが増した」という精神的な満足感を示す答えが、「肌の状態が安定した」「肌質がよくなった」という実質的な満足感を上回っているところに、女性がオーガニック化粧品に惹かれる理由がありそうです。それは、テクノロジーが発達した昨今において、ヨガを含め、占いやスピリチュアルなどに惹かれる人が増加しているという世の中の流れとも、繋がっているのかもしれません。

また、「体にいい生活を心がけるようになった」という、化粧品が生活を振り返るきっかけになったという答えは、人々の生活の中で長年行われてきた自然療法に学ぶ、オーガニック化粧品ならではの感想と言えそうです。

(Q12 オーガニック化粧品を現在使っている方にお聞きします。
オーガニック化粧品を使うようになって、使う前と比べて変わったと感じることはなんですか?)
<グラフ:全体>

organic_cosme_Q12

オーガニック化粧品をPRする際には、商品の効能だけではなく、精神的な満足感をイメージさせる広告の打ち出しが必要なのかもしれません。

(※1)参考:日本オーガニックコスメ協会サイト
http://joca.jp/cosmetics/index.htm

※本アンケートでは、「オーガニック化粧品」は具体的にスキンケア、メイクアップ、ヘアケア、ボディケアを指します。
※試供品などの使用経験がある場合は「購入して使ったことはない」に含まれます。

text/田村未知

 

「オーガニックコスメについての意識調査」(調査実施:BWRITE)
【調査実施期間】
2015年7月8日(水)~ 7月15日(水) <8日間>
【調査対象・人数】
20代以上の「Skets」会員女性 200名(有効回答)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【アンケート収集元】
共創コミュニティサービス「Skets」

※BWRITEが実施した調査についてのご質問、レポートのご希望は、問い合わせフォーム(https://www.addix.co.jp/services/#contact)より、プルダウンで「BWRITE(ブライト)」を選択してお問い合わせください。

関連リンク

Skets

Skets

生活者からのアイデアやスキルがいかせる共創の場「Skets(スケッツ)」

「Skets」では、生活者からアイデアを集める「アイデア会議」のほか、ユーザーアンケートやモニター募集など、リアルな生活者の声を企業や自治体の活動に反映するための幅広い取り組みを行っています。

https://skets.jp/

RECOMMEND