2割の女性が「8月までに購入」!「ガウチョパンツについての意識調査」

2015年春夏シーズンに大流行した「ガウチョパンツ」。スリムなラインが主流だったここ数年のパンツスタイルのトレンド傾向を大きく変えたとも言われています。では、実際問題、どのくらいの女性が今年「ガウチョパンツ」を購入したのでしょうか。BWRITEでは、共創コミュニティサービス「Skets(スケッツ)」(https://www.skets.jp/)会員の20代以上の女性242名に対してアンケート調査を実施。「ガウチョパンツについての意識調査」として結果レポートを発表しました。

その結果、約2割の女性が「ガウチョパンツ」を今年買ったと回答。購入時期では、5月~7月が多い傾向がありました。20代では春先までに購入したという回答も目立ちました。

「ガウチョパンツ」を今年知った女性は約半数。昨年から知っていると答えた女性と、ほぼ同じ割合でした。「ガウチョパンツ」を初めて知った情報源では、「雑誌」「テレビ番組」「テレビCM」といった既存のマス媒体が上位に。「ガウチョパンツ」ブームを大手メディアが盛り上げた側面が見え隠れします。一方、今年の冬の時点では「ガウチョパンツ」の人気はまだ低く、名実ともにトレンドとして広く受け入れられた時期は初夏以降のようです。この秋冬シーズンに「ガウチョパンツ」を取り入れたい、と答えた女性も少なくありませんでした。

【アンケート結果詳細】

「今年ガウチョパンツを買った」のは、知っている女性の26.4%!

今年8月の調査時点で、ガウチョパンツを知っていると回答した20代以上の女性の73.6%が「今年ガウチョパンツを買っていない」と回答しました。26.4%が「購入した」と答えた計算になります。これを全回答者に対する割合で見ると、23.1%。大流行した印象がある「ガウチョパンツ」ですが、実際に購入済みと答えたのは2割ほどのようです。

BWRITE-Skets-survey-gaucho-pants-awareness-Q11

 

ガウチョパンツを知っている人のうち「買っていない」人の割合は年代別で差があり、20代で66.7%、30代では69.0%、40代以上では80.4%となっています。若い世代ほど「買った」と答えた割合が高く、旬なトレンドを積極的に取り入れている傾向がうかがえます。

BWRITE-Skets-survey-gaucho-pants-awareness-Q11_age

 

買っている時期については、全年代計では「5月」が6.1%で最も多く、次いで、「7月」5.2%、「6月」4.7%と、初夏から夏のはじめに購入したという回答が目立ちました。

購入時期についても、年代別で傾向に違いがあるようです。20代では全年代計と同様「5月」が最も多かったものの、その割合は20代では13.9%と非常に高くなっています。次いで多かったのは、まだ春先の「3月」(5.6%)。購入時期は春までに集中しており、トレンドを取り入れるタイミングが早いことがわかります。

一方、40代以上では「7月」が4.3%で最も多く、購入時期のボリュームゾーンが後ろにズレています。ガウチョパンツブームに乗る時期が、20代と比べてワンシーズンほど遅れているようです。

ガウチョパンツを「今年初めて知った」42.1%。「知らない」12.4%。

今年突然トレンドに躍り出た印象のある「ガウチョパンツ」ですが、「ガウチョパンツ」の存在そのものを今年初めて知ったという女性はどのくらいの割合なのでしょう。

BWRITE-Skets-survey-gaucho-pants-awareness-Q9

 

「ガウチョパンツを知っている」かどうか、そして、知っている方には「初めて知った時期」を答えてもらったところ、「今年に入る前」という回答が全回答者の45.5%を占めました。約半数の女性が「ガウチョパンツ」というアイテムの存在を以前から知っていた、ということになります。一方、今年8月の時点で「ガウチョパンツを知らない」と回答した女性も12.4%いました。ファッショントレンドへの興味度合いは、女性たちの中でも差が大きいようです。

今年初めて知った方の「知った時期」については、「4月」との回答が全回答者の12.0%でTOPでした。次いで、「3月」で9.5%。春先までに「ガウチョパンツ」の存在を知っている女性が多かったようです。

「ガウチョパンツ」を初めて知ったのは、「雑誌」「テレビ番組」「テレビCM」

では、女性たちはどんな情報源から「ガウチョパンツ」の存在を知ったのでしょうか。

BWRITE-Skets-survey-gaucho-pants-awareness-Q10

 

結果を見ると、「雑誌」という回答が39.6%と圧倒的なTOPでした。以下、「テレビ番組」16.5%、「テレビCM」10.8%と続いています。ファッショントレンドを知る情報源としては、依然として「雑誌」「テレビ」といった既存のマス媒体が重要な地位を占めていることがわかります。某SPAブランドの、ガウチョパンツを大々的にフィーチャーした「テレビCM」の影響の高さがうかがえるとともに、急激なブームを大手メディアが積極的に盛り上げた側面を感じさせる結果ではないでしょうか。

「ガウチョパンツ」のブームは、秋以降も継続の予感!

BWRITEが今年1月から2月にかけて実施した「春夏ファッションについての意識調査」(※1)の「取り入れたい春夏ファッション」の結果を見ると意外なことがわかります。ここで「ガウチョパンツ」を「取り入れたい」と答えた女性は、「ワイドパンツ」と同率の6.0%。ランキングでは17位でした。この時点では多くの女性にとって、「ガウチョパンツ」はあまり魅力的ではないトレンドとして捉えられていたようです。

BWRITE-Skets-survey-spring-summer-fashion-2015-Q6-1

(BWRITE「春夏ファッションについての意識調査」より)

ところが、BWRITEの6月調査「夏のバーゲンについての意識調査」(※2)の結果では、だいぶ様相が変わっています。「取り入れたい今夏のトレンド」で、「ガウチョパンツ」は6位にランクイン。22.6%が取り入れたいと答えています。春から初夏にかけての時期に、多くの女性たちの「ガウチョパンツ」に対する意識が大きく変化しているようです。

BWRITE-Skets-survey-summer-sales-awareness-2015-Q10_2

(BWRITE「夏のバーゲンについての意識調査2015」より)

そしてこの8月にBWRITEが実施した「秋冬ファッションについての意識調査」(※調査結果レポートは2015年10月発表予定)では、「この秋に取り入れたいファッショントレンド」という設問に対して、「ガウチョパンツ」が「ロングカーディガン」に次ぐ2位にランクインしています。

BWRITE-Skets-survey-gaucho-pants-awareness-Q8

 

この結果を見ると、「ガウチョパンツ」はすでに終わった流行ではなく、秋以降もブームが継続していきそうな気配が濃厚です。むしろ、これから本格的に取り入れたいという女性も少なからずいるのではないでしょうか。

秋の本命トレンドと言われる「ワイドパンツ」とともに、慎重にトレンドを取り入れる40代以上の層も本格的に巻き込んで、秋以降も「ガウチョパンツ」の人気がまだまだ続きそうな気がする結果です。

「ガウチョパンツについての意識調査についての意識調査」(調査実施:BWRITE)
【調査実施期間】
2015年8月21日(金)~ 8月28日(金) <8日間>
【調査対象・人数】
20代以上の「Skets」会員女性 242名(有効回答)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【アンケート収集元】
共創コミュニティサービス「Skets」

(※1)
BWRITE「春夏ファッションについての意識調査」調査結果ページ
http://bwrite.biz/archives/8165

(※2)
BWRITE「夏のバーゲンについての意識調査2015」調査結果ページ
http://bwrite.biz/archives/9166

※BWRITEが実施した調査についてのご質問、レポートのご希望は、問い合わせフォーム(https://www.addix.co.jp/services/#contact)より、プルダウンで「BWRITE(ブライト)」を選択してお問い合わせください。

関連リンク

Skets

Skets

生活者からのアイデアやスキルがいかせる共創の場「Skets(スケッツ)」

「Skets」では、生活者からアイデアを集める「アイデア会議」のほか、ユーザーアンケートやモニター募集など、リアルな生活者の声を企業や自治体の活動に反映するための幅広い取り組みを行っています。

https://skets.jp/

RECOMMEND